第4条 牛乳は骨粗鬆症の原因になるので、飲まないようにすること

■骨粗鬆症発症率のワースト3はアメリカなどの酪農大国である

【牛乳の飲み過ぎこそ骨粗鬆症を招く】

牛乳神話に騙されてはいけません。牛乳は非常に良いカルシウム源だから、骨を丈夫にするために又骨粗鬆症にならないように牛乳を沢山飲みなさいと言われます。でも、これは大きな間違いです。牛乳の飲み過ぎこそ骨粗鬆症を招くのです。牛乳を飲んでも骨粗鬆の予防にならないどころか、牛乳を飲めば飲むほど骨は弱くなります。又、同様にチーズを食べれば食べれば食べるほど骨は脆くなり、骨折のリスクは高まります。

この事実は、ハーバード大学医学部が78,000人の女性を対象に12年間かけて行なった研究によって証明されているばかりか、権威あるほかの研究諸機関が行なった研究でも同様の結果が出ているです。

【牛乳・乳製品の多い国ほど骨粗鬆症やガンの発生率が高くなっている】

乳製品はあなたの骨の中のカルシウムを抽出し、尿として流してしまうのですが、牛乳メーカーのコマーシャルは決してそんなことは言いません。事実は、牛乳・乳製品の多い国ほど骨粗鬆症やガンの発生率が高くなっているのです。骨粗鬆症の発生率ワースト3は、アメリカ、フィンランド、スウェーデンといった酪農・乳業王国なのです。

世界全体の比率からいえば、欧米を中心とした乳製品大量消費国以外の殆どの人は牛乳を飲まないし、乳製品をとっていません。しかしそれだからといって、骨粗鬆症に悩まされているということなどは決してありませんし、それどころか、彼らの殆どは牛乳を飲むと病気になってしまいます。

kotu-soshou01

【牛乳は人間にとって異物】

牛乳が人間の消化器官に入ってくると、カラダは異物の侵入として捉えます。花粉症、喘息、アトピー、ジンマシンなどのアレルギーや、鼻炎、関節炎、腹痛、下痢などは、カラダが異物を排泄するために戦っているサインなのです。牛乳及びすべての乳製品(パン、菓子類、乳製品入り加工食品なども含む)の摂取をやめるだけで、驚くような奇跡が起こります。花粉症の犯人はスギ花粉ではなく牛乳や乳製品であることが自ら証明できるようになるでしょう。

【牛乳は人間にとっては極めて有害】

牛乳は様々なアレルギーの最大の元凶であるばかりか、別名「液体脂肪」(カロリーの49.6%は脂肪)と呼ばれる悪漢飲料で、肥満、ガン(乳房、前立腺、大腸など)、リンパ腫、心臓病、脳梗塞の要因となります。また、白血病、中耳炎、扁桃腺炎、貧血、小児糖尿病(タイプⅠ糖尿病)、乳幼児突然死症候群、腸壁からの出血、疝痛ほか様々な病気も牛乳・乳製品が主要原因となっていることが証明されています。

牛乳は子牛にとっては自然が与えてくれた完全な健康食品ですが、人間にとっては極めて有害と言ってよい食品です。
最も強力な発ガン物質であるカゼイン(ミルクタンパク)をはじめ、何百種類もの有害物質(飽和脂肪、ホルモン、農薬、ウィルス、細菌など)が寄せ集まった飲み物と言っていいでしょう。

★地球上で種族の違う動物のミルクを飲んでいるのは人間だけである
★この地球上に生息する動物たちで生涯「乳離れ」していないのは人間だけである

【骨粗鬆症の真犯人は?】

・動物タンパクを含む食事
・精製炭水化物
・リン酸(清涼飲料水などに使用)
・カフェイン飲料(コーヒー、紅茶など)
・喫煙、飲酒
・運動不足、日光不足

などです。牛乳の摂取量が足りないからではありません。

【骨粗鬆症を防ぐには?】

骨粗鬆症を防ぐには、塩、動物性タンパク質の摂取量を減らすことです。塩や肉、魚は強烈な酸性食品の為、カラダは体内のアルカリバランスを保つため、カルシウムの蓄え(骨や歯)を奪って中和し、腎臓から尿と共に排泄させてしまうのです。

また、人類の75%は乳糖過敏症で、なかでも日本人を含むアジア系人種は95%が乳糖を分解することが出来ません。お腹が張る、ガスが溜まる、ゴロゴロ鳴る、便秘、下痢などは必然的な結果です。子供の頃、大抵の人は牛乳を飲んでお腹がゴロゴロ鳴るという体験をされたかと思います。あの症状はカラダが拒否反応をしているサインで、ごく正常な反応だったのです。

【カルシウムの吸収率は緑葉野菜の方がずっと良い】

乳製品メーカーや牛乳普及協会などは、牛乳のカルシウムの吸収率の高さを主張して牛乳をアピールしていますが、実際は緑葉野菜の方が牛乳よりずっと吸収率がいいのです。つまり、最もすぐれたカルシウム源は緑葉野菜であり、牛たちはそこからカルシウムをとっているのです。

ca01

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

カイテキオリゴ

ピックアップ記事

  1. 大豆油、菜種油、ゴマ油、紅花油、オリーブ油、コーン油などの薬効について簡単にまとめた。植物油は、すべ…
  2. 梅干しには極端な食べ物(肉など極陽性の食べ物やアルコールなど極陰性の飲み物・食べ物)の害を中和する働…
  3. 米酢などの醸造酢に含まれる酢酸などの有機酸は、食欲増進作用を持ち、疲労物質の乳酸を分解し、疲労回復効…
  4. 「土用シジミは腹薬」「シジミの味噌汁は肝臓によい」「シジミは黄疸に効く」の根拠として、① タウリンを…
  5. フグの肉は脂の少ない白身で、グルタミン酸、イノシン酸を多く含むので、淡白な旨味があり、しかもタウリン…
  6. ハモはウナギやアナゴ同様、ビタミンAの含有量が抜群に多く、夏バテ予防には最適。…
  7. スズキは白身の魚だが、脂の溜まりやすい肉質のため、ビタミンAが180IU、ビタミンDが290IUと脂…
ページ上部へ戻る