第2条 朝食はしっかりとらず、果物だけを食べるようにすること

■「朝食信仰」を信じるな。朝食はとらない方が良い

【午前中は排泄の時間帯】

カラダは午前中、排泄を最も活発に行うように作られています。エネルギーを出来るだけ排泄活動の方に専念させるためには、朝食をとるときは消化吸収にエネルギーが少なくて済む果物がベストなのです。

カラダが毒血症になっていない人は、朝食を抜いてもエネルギー危機(エネルギー不足、学習力・集中力の低下)などは起こりません。朝食を抜くと血糖値が低下するという人は、代謝機能が正しく行われていない証拠です。

朝食を抜くか果物だけの朝食にすることにより、カラダの浄化が積極的に行えれば、代謝機能は正常になり、血糖値は常に安定するようになります。

hy10

【朝食をとると元気が出るように感じるのは?】

一般に朝食をとると元気が出ると思われている理由は、食べることによる刺激の効果があるからです。

食事をするとアドレナリンのレベルが高められ、カラダが突撃態勢に入るため、すかさず元気が出たように感じるのです。本当のエネルギーは、実際に食べたものを消化・吸収・利用した後でしか得られません。

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

『カイテキオリゴ』

ピックアップ記事

  1. ビタミンAやビタミンDなどは、過剰にとり過ぎると毒性を発揮する。ビタミンCも沢山とり過ぎると、尿路結…
  2. 大豆発酵食品(生味噌、納豆)は、日本人の健康に欠かせない超優良食品です。日本古来の伝統的な大豆発酵食…
  3. ニシンは『本朝食鑑』によると、「腸を助け、陰を補い、腹中を温め、気を健やかにする」とあり、「胃腸の働…
  4. タラは脂肪含有量は極端に少なく、低カロリーのあっさりした味なので、肥満や生活習慣病で悩んでいる方のタ…
  5. 牛乳は非常に良いカルシウム源だから、骨を丈夫にするために牛乳を沢山飲みなさいと言われます。しかし、牛…
  6. ドジョウの脂質は白身魚程度で含有量は少なく、タンパク質、ビタミンA、B1、B2、Dが多く含まれている…
  7. タイはタウリンを大量に含んでおり、① 胆石生成の抑制、② 強肝作用、③ 血中コレステロールの低下、④…
ページ上部へ戻る