クロレラ、健康食品の王様だが…

健康食品の王様と言われるクロレラ。その効果は人によってまちまちです。

クロレラ飲み始めて便秘が治った方、かなり好転反応が強かったけど20年来のアトピーが治った方、痰が止まり肌がきれいになった方もいらっしゃいますが、一方、サンクロレラ飲んで尿路結石で苦しんだ方(シュウ酸が多量に含まれているので尿路結石や骨粗鬆症になりやすい)、クロレラとローヤルゼリーを5年以上飲んで尿酸値が高くなった方(両方ともプリン体が多い)、飲んでたけど効果が感じられずクロレラ飲むのを止めた方など様々です。

☆詳細は「クロレラ」ってどうですか?」へ 

クロレラを飲んで、紫外線が当たると皮膚炎が酷くなる「光過敏症」の被害が出たこともあるので、購入前は念のため確認しましょう。

kurorera01

■原価の8倍で売られる植物プランクトン

数ある健康食品の中でも、老舗格なのがクロレラです。大手製薬、食品、群小も含め200社近い業者が、あの手この手の販売合戦を繰り広げています。

クロレラは緑藻種の一種で、ビタミンCやミネラルを豊富に含んだ淡水性植物プランクトンです。殆どのメーカーが台湾などからビニール袋入りのクロレラ粉末を輸入、何日間か倉庫に保管して、錠剤などの加工して栄養補助食品品として販売しています。

ところが、価格は業者によって、大きな差があり、1日3粒、30日分の錠剤で定価は700円~2,300円といった処です。クロレラを扱っているある健康食品業者によると、30日分300粒の錠剤の原価は300円程度だというのですから、8倍近い価格で販売している業者もある訳です。

kurorera02

もちろん業者によって、クロレラ粉末とは別にクロレラエキスを加え付加価値を付けたり、やたら豪華な瓶詰包装にしたり、テレビCMを盛んに流している業者もあるように、それぞれの経費が製品に上乗せされているのだから、製品価格に差が出るのは当たり前ですが、原価と8倍も差があるということを知ったら、詐欺同然ではないかと、怒りたくなる人も多いでしょう。

それでも健康の為に役立てばいいのですが、それどころか、クロレラによる健康被害が過去に出ているのです。どうして、健康食品であるはずのクロレラで健康被害が出たのか?

粉末の保管時や粉末から錠剤に加工する際などに、水分が加わるとクロレラの葉緑素が「フェオフォルバイト」という物質に変化します。「フェオフォルバイト」は春先のアワビなどに含まれていて、これを食べる「光過敏症」という皮膚炎を起こします。

これが、昔から「春先のアワビは食べるな」と言われている所以なのです。クロレラの場合も「フェオフォルバイト」が生じたことから、紫外線が当たると皮膚炎が酷くなる「光過敏症」の被害が出たのです。

【出典】食品のカラクリ 別冊宝島編集部編

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

カイテキオリゴ

ピックアップ記事

  1. ウニには、脳や神経の働きに重要なビタミンB1、B2、リン脂質やグルタミン酸も多く含まれるので、健脳効…
  2. アサリは強肝作用のタウリンやビタミンB1、造血作用のビタミンB12や鉄、強精作用の亜鉛、骨粗鬆症予防…
  3. カニは一般に低脂肪、高タンパク質なので、肥満や生活習慣病に悩む人には格好の栄養食。糖分の代謝に必須の…
  4. エビ独特の甘みはグリシン、アラニン、プロリン、セリン、ベタインなどのアミノ酸で、ベタインは血中コレス…
  5. 興奮毒性とは、グルタミン酸ナトリウムやアスパルテームなどの興奮性のある神経伝達物質による過剰な刺激に…
  6. カキは、「海のミルク」と呼ばれ、エネルギー源のグリコーゲンが100g中6gも含まれていること、ビタミ…
  7. アワビはタンパク質に富み、グルタミン酸、ロイシン、アルギニン酸などのアミノ酸が多く含まれるのであの独…
ページ上部へ戻る