野菜の健康効果を凄くアップさせるコツ(2)

食養生の本を読んでみると、私たち人間が本来持っている自然治癒力を発現させるためには、野菜・穀物主体の食生活が良いのです。そこで、野菜・穀物を美味しく食べるためのヒントなどを特集したいと思います。

Q4「丸ごとのキャベツ。保存するときは芯はそのまま?くり抜く?」
A4「芯はくり抜いて保存する」

キャベツは白菜と同様に結球している野菜だが、収穫後も成長しようとする力が強いため、芯を残しておくと葉の栄養分を奪ってしまう。また、芯から腐り始めるので、丸ごと保存する場合は、芯をくり抜き、水分を含ませたキッチンペーパーを詰めた後、ポリ袋にいれて冷蔵庫に保存する。

yasai_kotu_q04

Q5「繊維に沿って切るか、切断するか、玉ねぎに辛みや苦みを感じるのはどちら?」
A5「繊維を切断する方が辛い」

辛みの正体、アリインは、切ると細胞が壊れ、辛みや香り成分のアリシンに変化する。そのため、繊維に沿って切る方が、細胞の破壊が少なく辛みを感じにくい。血液をサラサラにする働きがあるアリシンは、切って時間をおくと酵素の反応が進み量が増える。食べる15分以上前に切っておくと良い。

yasai_kotu_q05

Q6「薄切りか、みじんきりか、にんにくがより効果を発揮するのはどちら?」
A6「みじん切りの方がより効果を発揮する」

にんにくの主な薬理作用はアリシンによるもの。強い抗酸化作用、血行促進作用などがある。アリシンはにんにくの細胞が壊れ、酵素が働くことで作られるため、みじん切りやすりおろしなど、より細かくすることで、効果は発揮されやすい。

yasai_kotu_q06

【出典】薬いらずの食べ方 日経おとなのOFF より

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

『カイテキオリゴ』

ピックアップ記事

  1. にがりの主成分である塩化マグネシウム(Mgcl2)が体内のタンパク質やカルシムとくっつき、腎臓結石、…
  2. 病気を治そうとする反応が「食欲不振」と「発熱」ならば、病気の根本原因は、その反対の「食べ過ぎ」と「冷…
  3. ピーマンには、βーカロチン、ビタミンC、B1、B2も多く含まれ、夏バテ予防には格好の野菜。毛細血管を…
  4. 1食抜く方法は、普通は「朝食を抜く」というやり方が一番やりやすいが、本人の生活環境があるのだから、「…
  5. パセリは飾りだから残すもの、と思い込んでいませんか?パセリは薬草の優れものです。現代は肉食が多くなり…
  6. 糖尿病の方が石原結實先生の少食健康法によって全快された体験談です。糖尿病の合併症には、網膜症、神経障…
  7. 白菜はビタミンCが22mg(100g中)と多く含み、冬場のビタミン補給に重宝な野菜。外傷の治癒促進や…
ページ上部へ戻る