テフロン加工した調理器具は加熱し過ぎると危険!370℃以上になると15種類の有毒ガス等が…

■米の環境団体、テフロン加工を施した調理器具の危険性を指摘

『テフロン』として知られるフッ素樹脂および同種の化学物質で表面加工した調理器具について、米国のある環境保護団体が、こうした焦げ付き防止用のコーティングが健康に害を与える危険性があることを明示したラベルの貼付を義務付けるよう、米国消費者製品安全委員会(CPSC)に要請した。

要請を行なった『エンバイロンメンタル・ワーキング・グループ』(EWG)は、調査報告において、テフロンや同種の加工を施した調理器具は、過熱すると3〜5分後に温度がおよそ摂氏370度に達することがあり、2つの発ガン性物質を含む、15種類の有毒なガスや化学物質を発生させると述べている。

EWGはこの報告書の中で、テフロンを製造する化学大手、米デュポン社の社内文書に、テフロンは温度が240度に達した時点で大量の小鳥を死なせるほどの有毒物質を発生させる、と記されていることを指摘した。

teflon01

小鳥に対して有害であり、人間にとってもそのおそれがあることから、調理器具には、健康に害を与える危険性があることを明示したラベルを付けるべきである、とEWGは主張する。

加熱した際に発生するガスを吸い込むと、発熱や息切れなど、ポリマー煙熱と呼ばれる、インフルエンザに似た症状を引き起こす場合がある。

WIRED ViSION NEWS ARCHIEVS より

■テフロン加工は便利だけど…

テフロン加工のフライパンは焦げ付きがなく、便利で助かります。でも、あまり加熱しすぎると有毒ガスが発生するんですね。

小鳥が死んじゃうんですから、人間にとって無害であるはずはありません。

実際何度くらいで使っているのか、放射温度計で測定してみないことには解りません。

台所の喚起を良くして、お料理することに越したことはなさそうです。

そういえば、電気炊飯器の釜もテフロン加工のものが多いですね。最近は、銅釜とか鉄釜とか炭コーティング、ダイアモンドコーティングなどのお釜が出てきていますが、やはりお値段は高いようです。

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

ピックアップ記事

  1. Oリング・テストは誰でも簡単にすぐその場で、健康に良いものか、悪いものかを判断できる方法である。健康…
  2. デトックスやダイエットに効果的なハーブ(アンティチョーク、エルダーフラワー、オレガノ、カモミール、ジ…
  3. 煙草やお酒を吸ったり飲んだりすると毛細血管が収縮し、水分の供給がスムーズにいかなくなる。細胞に栄養は…
  4. 今は食品添加物に無関係ではおられない私たちの食生活...。でもやっぱし添加物の危険性は避けたいです。…
  5. 塩も味噌も醤油も日本人の健康には欠かせない食品。現代西洋医学や栄養学は塩分を敵視するが、体の要求に応…
  6. 大豆油、菜種油、ゴマ油、紅花油、オリーブ油、コーン油などの薬効について簡単にまとめた。植物油は、すべ…
  7. 梅干しには極端な食べ物(肉など極陽性の食べ物やアルコールなど極陰性の飲み物・食べ物)の害を中和する働…
ページ上部へ戻る