医食同源|アワビは母乳の出がよくなる「貝の王様」

カキやハマグリを食べるフランス人でさえアワビは食べませんが、それは身が硬いためでしょう。しかし、最近では米国西海岸のシーフード・レストランで、ステーキとして食べられています。中国では干したアワビを煮込んで柔らかくして食べますが、日本人としては生のコリッとした食感を楽しみたいものです。

アワビはタンパク質に富み、グルタミン酸、ロイシン、アルギニン酸などのアミノ酸が多く含まれるのであの独特の旨味があります。また、ビタミンB1、B2やカルシウム、鉄などのミネラルを多く含み、アルギニン酸も豊富なので、強壮・強精効果があります。殻は眼病によいとされています。

昔から、産後、お七夜までにアワビを食べると乳の出がよくなると言われ、また、肺結核にもよいと重宝がられました。アワビは「貝の王様」で、刺身、寿司ネタ、干しアワビ、粕漬けにされます。硬いわりには胃腸での消化は容易なので、心配はご無用です。

【出典】医者いらずの食べ物事典 石原結實著

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

『カイテキオリゴ』

ピックアップ記事

  1. ウニには、脳や神経の働きに重要なビタミンB1、B2、リン脂質やグルタミン酸も多く含まれるので、健脳効…
  2. アサリは強肝作用のタウリンやビタミンB1、造血作用のビタミンB12や鉄、強精作用の亜鉛、骨粗鬆症予防…
  3. カニは一般に低脂肪、高タンパク質なので、肥満や生活習慣病に悩む人には格好の栄養食。糖分の代謝に必須の…
  4. エビ独特の甘みはグリシン、アラニン、プロリン、セリン、ベタインなどのアミノ酸で、ベタインは血中コレス…
  5. 興奮毒性とは、グルタミン酸ナトリウムやアスパルテームなどの興奮性のある神経伝達物質による過剰な刺激に…
  6. カキは、「海のミルク」と呼ばれ、エネルギー源のグリコーゲンが100g中6gも含まれていること、ビタミ…
  7. アワビはタンパク質に富み、グルタミン酸、ロイシン、アルギニン酸などのアミノ酸が多く含まれるのであの独…
ページ上部へ戻る