医食同源|シラウオは徳川家康も大好物だった「春の魚」

シラウオはサケマスと近縁の魚で、シロウオ(素魚)はスズキの親戚に当たるハゼ科の魚です。北海道以外の内海に生息しており、春になると産卵のため河口に集まってきます。

「陰膳の 白魚もはや 鮭になり」は、「旅に出た夫のため陰膳には、はじめ白魚(春)を載せていたが、今はもう鮭(秋)を食べるようになってしまった」の意味です。

歌舞伎の名文句として有名な、河竹黙阿弥作の『三人吉三廓 初買』の出だしは、「月もおぼろに白魚の かがりにかすむ春の宵」ですが、当時は隅田川でもシラウオがよく獲れたことが伺えます。

徳川家康はシラウオが大好物で、桑名(三重県)からシラウオを持ってこさせて隅田川に放流し、佃島の漁師がこのシラウオを家康に献上するため醤油で煮詰めて作ったのが佃煮の始まりです。

ちなみに、格好のカルシウムの補給源である「シラス」は、イワシやサバの稚魚を湯通しして乾燥させたもので、魚の名前ではありません。

【出典】医者いらずの食べ物事典 石原結實著

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

『カイテキオリゴ』

ピックアップ記事

  1. 大豆油、菜種油、ゴマ油、紅花油、オリーブ油、コーン油などの薬効について簡単にまとめた。植物油は、すべ…
  2. 梅干しには極端な食べ物(肉など極陽性の食べ物やアルコールなど極陰性の飲み物・食べ物)の害を中和する働…
  3. 米酢などの醸造酢に含まれる酢酸などの有機酸は、食欲増進作用を持ち、疲労物質の乳酸を分解し、疲労回復効…
  4. 「土用シジミは腹薬」「シジミの味噌汁は肝臓によい」「シジミは黄疸に効く」の根拠として、① タウリンを…
  5. フグの肉は脂の少ない白身で、グルタミン酸、イノシン酸を多く含むので、淡白な旨味があり、しかもタウリン…
  6. ハモはウナギやアナゴ同様、ビタミンAの含有量が抜群に多く、夏バテ予防には最適。…
  7. スズキは白身の魚だが、脂の溜まりやすい肉質のため、ビタミンAが180IU、ビタミンDが290IUと脂…
ページ上部へ戻る