医食同源|サンマは夏バテを吹き飛ばす栄養豊富な「秋の風物詩」

サンマを「秋刀魚」と書くのは、「細い身がキラリと刀の様に光る秋の魚」という意味が込められています。樺太付近の親潮で若魚に育つ秋刀魚は、食卓に並ぶ大きさ(25~27cm)になるまで3~4年を要します。

毎年、秋には産卵のため群れを成して南下を始め、8月には北海道の東に移動し、10月には三陸沖、銚子沖を下り、房総沖に到達する頃が最盛期です。12月、1月は近畿、四国を経て九州に下っていきます。

北海道で8月に獲れる秋刀魚の脂質の含有量は10%程度ですが、10月に房総沖で獲れるものは、約20%に増加し、脂の含有量が多くなるほど旨くなります。

つまり、小さくても太いものが美味しい訳です。また、下アゴがオリーブ色の雌の方が、オレンジ色をしてる雄よりも旨いというのが定説です。江戸時代から「サンマが出るとアンマが引っ込む」とか「秋のサンマは孕み女に見せるな」とか言われるほど、栄養価と健康効果の高い魚です。

前者は「秋になってサンマが豊富に食卓に出るようになると、夏バテも吹き飛び、肩凝りや腰の痛みがとれる」という意味で、後者は「秋のサンマは栄養があり過ぎるので、妊婦は栄養過多になり、却って体によくない」ことを警告していると思われます。

サンマのタンパク食を構成するアミノ酸は質・量共に優れ、脂肪の80%を占めるEPA、DHA、オレイン酸などが血栓を予防し、脳の働きを高めてくれます。ビタミンもA、D、E、B12が多く含まれており、腸でカルシウムとリンの吸収を促進、骨を強くし、骨粗鬆症を防ぐビタミンDの豊富さ、特筆に値します。造血のビタミンB12は、血合いに特に多く含まれています。

また、少々苦みがありますが、腹ワタにはレチノール(ビタミンA)が豊富に含まれるので、多食すると免疫力の向上や抗ガン効果が期待出来ます。ビタミンEも多く、末梢の血行をよくして体を温める他、不妊症や精子の機能低下の改善、老化予防に役だちます。

サンマのように高タンパク・高脂肪の魚を直火で焼くと発ガン物質(トリプP-1)が生成される心配がありますが、ビタミンCがこれを解毒するので、サンマにレモンや大根おろしを添えるとよいでしょう。

【出典】医者いらずの食べ物事典 石原結實著

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

ピックアップ記事

  1. 大豆油、菜種油、ゴマ油、紅花油、オリーブ油、コーン油などの薬効について簡単にまとめた。植物油は、すべ…
  2. 梅干しには極端な食べ物(肉など極陽性の食べ物やアルコールなど極陰性の飲み物・食べ物)の害を中和する働…
  3. 米酢などの醸造酢に含まれる酢酸などの有機酸は、食欲増進作用を持ち、疲労物質の乳酸を分解し、疲労回復効…
  4. 「土用シジミは腹薬」「シジミの味噌汁は肝臓によい」「シジミは黄疸に効く」の根拠として、① タウリンを…
  5. フグの肉は脂の少ない白身で、グルタミン酸、イノシン酸を多く含むので、淡白な旨味があり、しかもタウリン…
  6. ハモはウナギやアナゴ同様、ビタミンAの含有量が抜群に多く、夏バテ予防には最適。…
  7. スズキは白身の魚だが、脂の溜まりやすい肉質のため、ビタミンAが180IU、ビタミンDが290IUと脂…
ページ上部へ戻る