医食同源|サケは冷え性、貧血、肥満を改善する

サケとマスは同じ科で、サケには尾びれに切り込みがあり、マスにはそれがなく三角形をしているなど、学問的には区別されていますが、流通ではこれを分けるのは難しく、広くサケマス類という呼び方をされています。

サケは川で産卵し、孵化すると稚魚はほぼ1年間川に棲み、体長が6cmくらいになると海に下っていきます。4年で生魚になり、産卵のため9月から1月に自分が生まれた川に戻ってくる(回帰性)のことは有名です。川を上る(遡河)産卵準備期にはエサを摂らないので、その直前の夏に沿岸で獲れたものが一番美味しいとされています。

欧米では、以前、サケは川魚という観念があったため、まずくて安い魚とされ、召使いや小作人が主人と契約する際「1週間に3回以上、サケの料理を食べさせないこと」という一文が付いたというエピソードがある程です。しかし、今では、サーモン・ダイエットという言葉もあります。つまり、牛や豚の肉の代わりに、サケを食べて減量しようというものです。

漢方の「相似の理論」からすると、サーモン・ピンクという言葉があるように、サケの肉は赤い(アスタキサンチンという赤色カルチノイドによる)ので、体を温め、かつ、引き締めてくれます。そのため、冷え性、貧血、肥満の人にとっては、格好の食物ということになります。

栄養的にも、サケの肉100g中にタンパク質21g、脂肪8.4gが含まれています。また、タンパク質の吸収をよくするビタミンB2やB6も多く、サケのタンパク質の吸収や利用効率がよいという根拠になっていますし、脂肪は、動脈硬化や血栓を予防するEPAや、脳の働きをよくするDHAが多く含まれているので、ボケ防止も期待出来ます。

特に、「イクラ」や「スジコ」には、老化予防、若返りのビタミンであるビタミンEが多く含まれています。

余談ですが、日本ではサケを「鮭」と書きますが、中国では「フグ」のことで、サケのことは「鮏」と書きます。また、「鮎」は中国では「ナマズ」のことです。

【出典】医者いらずの食べ物事典 石原結實著

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

カイテキオリゴ

ピックアップ記事

  1. 大豆油、菜種油、ゴマ油、紅花油、オリーブ油、コーン油などの薬効について簡単にまとめた。植物油は、すべ…
  2. 梅干しには極端な食べ物(肉など極陽性の食べ物やアルコールなど極陰性の飲み物・食べ物)の害を中和する働…
  3. 米酢などの醸造酢に含まれる酢酸などの有機酸は、食欲増進作用を持ち、疲労物質の乳酸を分解し、疲労回復効…
  4. 「土用シジミは腹薬」「シジミの味噌汁は肝臓によい」「シジミは黄疸に効く」の根拠として、① タウリンを…
  5. フグの肉は脂の少ない白身で、グルタミン酸、イノシン酸を多く含むので、淡白な旨味があり、しかもタウリン…
  6. ハモはウナギやアナゴ同様、ビタミンAの含有量が抜群に多く、夏バテ予防には最適。…
  7. スズキは白身の魚だが、脂の溜まりやすい肉質のため、ビタミンAが180IU、ビタミンDが290IUと脂…
ページ上部へ戻る