医食同源|コイ、夏は「あらい」、冬は「鯉こく」で頂く強壮食

川魚の代表であるコイは、中央アジア原産ですが、今では世界中の河川や湖に生息しています。中国では紀元前500年に養殖されていたそうです。日本では、夏は「あらい」、冬は「鯉こく」で食べますが、中国では唐揚げが有名で、ドナウ川の流れる東欧ではバターで炒めるムニエルなどにして食べます。

コイの生命力は強く、水から揚げても数時間は生きている程で、昔から「コイの生き血は精がつく」とされ、結核などの消耗病によく用いられていました。事実、コイはタンパク質や脂肪をはじめ、ビタミンA、B1、B2、カルシウム、鉄などのミネラルを豊富に含みます。

コイは腎炎のむくみをとり、尿の出をよくするとか、産後の母乳の出をよくすることなどが経験的に知られていますが、特にコイをぶつ切りにし、内臓も骨も一緒に味噌で煮込んだ鯉こくは、そうした作用と強壮作用に優れています。

【出典】医者いらずの食べ物事典 石原結實著

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

ピックアップ記事

  1. 大豆油、菜種油、ゴマ油、紅花油、オリーブ油、コーン油などの薬効について簡単にまとめた。植物油は、すべ…
  2. 梅干しには極端な食べ物(肉など極陽性の食べ物やアルコールなど極陰性の飲み物・食べ物)の害を中和する働…
  3. 米酢などの醸造酢に含まれる酢酸などの有機酸は、食欲増進作用を持ち、疲労物質の乳酸を分解し、疲労回復効…
  4. 「土用シジミは腹薬」「シジミの味噌汁は肝臓によい」「シジミは黄疸に効く」の根拠として、① タウリンを…
  5. フグの肉は脂の少ない白身で、グルタミン酸、イノシン酸を多く含むので、淡白な旨味があり、しかもタウリン…
  6. ハモはウナギやアナゴ同様、ビタミンAの含有量が抜群に多く、夏バテ予防には最適。…
  7. スズキは白身の魚だが、脂の溜まりやすい肉質のため、ビタミンAが180IU、ビタミンDが290IUと脂…
ページ上部へ戻る