医食同源|カレイは高タンパク・低カロリーの健康食

朝鮮半島近海で多く獲れることから、「韓鰾(からえい)」と呼ばれていたことが語源となっています。俗に「左ひらめ 右かれい」と言われるのは、黒皮(目のある側)から見て「左に目があればヒラメ、右ならばカレイ」と言うことです。旬は冬。但し、大分の別府湾で獲れるマコガレイ(城下ガレイ)は夏が旬です。

カレイ100g中にタンパク質は19gと多く、脂質は2.2gと少なく、淡白な味で高タンパク・低カロリーの健康食です。ヒラメと同様縁側(ヒレの付け根の肉)の味は特に旨く、美肌効果のあるコラーゲンが多く含まれており、煮こごりにして食べると、その効果が倍増します。また、ビタミンB1、B2、Dや含硫アミノ酸のタウリンが多く含まれているので、カレイは疲労回復や肝機能強化にも役立ちます。

小さいカレイは、唐揚げにして丸ごと食べるとカルシウムの補給になります。ちなみに、冷凍切り身としておなじみの「オヒョウ」もカレイの仲間です。

【出典】医者いらずの食べ物事典 石原結實著

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

ピックアップ記事

  1. ニシンは『本朝食鑑』によると、「腸を助け、陰を補い、腹中を温め、気を健やかにする」とあり、「胃腸の働…
  2. タラは脂肪含有量は極端に少なく、低カロリーのあっさりした味なので、肥満や生活習慣病で悩んでいる方のタ…
  3. 牛乳は非常に良いカルシウム源だから、骨を丈夫にするために牛乳を沢山飲みなさいと言われます。しかし、牛…
  4. ドジョウの脂質は白身魚程度で含有量は少なく、タンパク質、ビタミンA、B1、B2、Dが多く含まれている…
  5. タイはタウリンを大量に含んでおり、① 胆石生成の抑制、② 強肝作用、③ 血中コレステロールの低下、④…
  6. シラウオはサケマスと近縁の魚で、シロウオ(素魚)はスズキの親戚に当たるハゼ科の魚です。北海道以外の内…
  7. 何でも万遍なく食べることが健康には不可欠だ、言われています。また、そう教えられてきました。しかし、肉…
ページ上部へ戻る