医食同源|アンコウは「関東の冬」を代表する味覚

「鮟鱇」の語源は「エサを捕るのに他の魚と争うことなく、安康な生き方をしている」という意味で、事実、海底にジーッとしていて、口を開けて獲物を待っている魚です。そのため、怠け者のことを「アンコウのまち食い」と言います。

調理する時は体を七つの部分、① キモ(肝臓=あん肝、海のフォアグラと呼ばれ、酒の肴として最高)、② 皮、③ ヌノ(卵巣)、④ ヤナギ(身肉、ほお肉)、⑤ トモ(尾びれ)、⑥ エラ、⑦ 水袋に切り売りされるので、「娼婦」の別名があります。

「西のフグ、東のアンコウ」と言われるほどの旨さで、関東では冬を代表する味覚の一つです。フランスのマルセイユの名物料理・ブイヤベースにも欠かせません。

「アンコ型」は肥満の力士、「鮟鱇が酒粕に酔ったよう」は酔っぱらって醜くなった顔、「鮟鱇武者」は臆病なのに強がりを言う武士のことを言います。言葉としては、あまりよいイメージで使われないものの、アンコウ料理は体を温め、栄養を付ける冬の活力源です。

【出典】医者いらずの食べ物事典 石原結實著

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

カイテキオリゴ

ピックアップ記事

  1. ウニには、脳や神経の働きに重要なビタミンB1、B2、リン脂質やグルタミン酸も多く含まれるので、健脳効…
  2. アサリは強肝作用のタウリンやビタミンB1、造血作用のビタミンB12や鉄、強精作用の亜鉛、骨粗鬆症予防…
  3. カニは一般に低脂肪、高タンパク質なので、肥満や生活習慣病に悩む人には格好の栄養食。糖分の代謝に必須の…
  4. エビ独特の甘みはグリシン、アラニン、プロリン、セリン、ベタインなどのアミノ酸で、ベタインは血中コレス…
  5. 興奮毒性とは、グルタミン酸ナトリウムやアスパルテームなどの興奮性のある神経伝達物質による過剰な刺激に…
  6. カキは、「海のミルク」と呼ばれ、エネルギー源のグリコーゲンが100g中6gも含まれていること、ビタミ…
  7. アワビはタンパク質に富み、グルタミン酸、ロイシン、アルギニン酸などのアミノ酸が多く含まれるのであの独…
ページ上部へ戻る