医食同源|アンコウは「関東の冬」を代表する味覚

「鮟鱇」の語源は「エサを捕るのに他の魚と争うことなく、安康な生き方をしている」という意味で、事実、海底にジーッとしていて、口を開けて獲物を待っている魚です。そのため、怠け者のことを「アンコウのまち食い」と言います。

調理する時は体を七つの部分、① キモ(肝臓=あん肝、海のフォアグラと呼ばれ、酒の肴として最高)、② 皮、③ ヌノ(卵巣)、④ ヤナギ(身肉、ほお肉)、⑤ トモ(尾びれ)、⑥ エラ、⑦ 水袋に切り売りされるので、「娼婦」の別名があります。

「西のフグ、東のアンコウ」と言われるほどの旨さで、関東では冬を代表する味覚の一つです。フランスのマルセイユの名物料理・ブイヤベースにも欠かせません。

「アンコ型」は肥満の力士、「鮟鱇が酒粕に酔ったよう」は酔っぱらって醜くなった顔、「鮟鱇武者」は臆病なのに強がりを言う武士のことを言います。言葉としては、あまりよいイメージで使われないものの、アンコウ料理は体を温め、栄養を付ける冬の活力源です。

【出典】医者いらずの食べ物事典 石原結實著

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

ピックアップ記事

  1. Oリング・テストは誰でも簡単にすぐその場で、健康に良いものか、悪いものかを判断できる方法である。健康…
  2. デトックスやダイエットに効果的なハーブ(アンティチョーク、エルダーフラワー、オレガノ、カモミール、ジ…
  3. 煙草やお酒を吸ったり飲んだりすると毛細血管が収縮し、水分の供給がスムーズにいかなくなる。細胞に栄養は…
  4. 今は食品添加物に無関係ではおられない私たちの食生活...。でもやっぱし添加物の危険性は避けたいです。…
  5. 塩も味噌も醤油も日本人の健康には欠かせない食品。現代西洋医学や栄養学は塩分を敵視するが、体の要求に応…
  6. 大豆油、菜種油、ゴマ油、紅花油、オリーブ油、コーン油などの薬効について簡単にまとめた。植物油は、すべ…
  7. 梅干しには極端な食べ物(肉など極陽性の食べ物やアルコールなど極陰性の飲み物・食べ物)の害を中和する働…
ページ上部へ戻る