あっと驚く魚介類の薬効|アンコウは「関東の冬」を代表する味覚

「鮟鱇」の語源は「エサを捕るのに他の魚と争うことなく、安康な生き方をしている」という意味で、事実、海底にジーッとしていて、口を開けて獲物を待っている魚です。そのため、怠け者のことを「アンコウのまち食い」と言います。

調理する時は体を七つの部分、① キモ(肝臓=あん肝、海のフォアグラと呼ばれ、酒の肴として最高)、② 皮、③ ヌノ(卵巣)、④ ヤナギ(身肉、ほお肉)、⑤ トモ(尾びれ)、⑥ エラ、⑦ 水袋に切り売りされるので、「娼婦」の別名があります。

「西のフグ、東のアンコウ」と言われるほどの旨さで、関東では冬を代表する味覚の一つです。フランスのマルセイユの名物料理・ブイヤベースにも欠かせません。

「アンコ型」は肥満の力士、「鮟鱇が酒粕に酔ったよう」は酔っぱらって醜くなった顔、「鮟鱇武者」は臆病なのに強がりを言う武士のことを言います。言葉としては、あまりよいイメージで使われないものの、アンコウ料理は体を温め、栄養を付ける冬の活力源です。

【出典】医者いらずの食べ物事典 石原結實著

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

ピックアップ記事

  1. コイはタンパク質や脂肪をはじめ、ビタミンA、B1、B2、カルシウム、鉄などのミネラルを豊富に含む。ま…
  2. カレイ100g中にタンパク質は19gと多く、脂質は2.2gと少なく、淡白な味で高タンパク・低カロリー…
  3. カツオは脂肪の含有量が少なく、タンパク質の含有量は獣肉以上、しかも脂肪酸は中性脂肪やコレステロールを…
  4. 加熱調理すると、その食品に含まれる酵素が喪失しビタミンやミネラルの自然のバランスが失われてしまうため…
  5. ウナギには、内臓、皮膚、眼、粘膜などを強化し、免疫力を旺盛にしてくれるビタミンAやレチノールは、イワ…
  6. 酵素(エンザイム)は、私たちが生きていく上で、非常に重要な役割を果たしているのです。酵素(エンザイム…
  7. イワシには、血栓を防ぐEPAや脳の働きを高めるDHAなどの不飽和脂肪酸の他に、カルシウムがイワシ10…
ページ上部へ戻る