医食同源|アユは下痢の特効薬にもなる香魚

アユ科のアユは一科一属一種という珍しい魚で、日本以外では朝鮮半島、台湾、中国の一部にも多少分布しています。アユには「年魚」(1年で生命が果てる魚)という別名があります。 『和名抄』にも「春生じ、夏長じ、秋衰え、冬死す。故に年魚と名付く」とあり、1年でパーッと散るアユの「滅びの美学」は、日本人がアユを好む一因でもあるようです。

アユは他に「香魚」とも言われるのは、医師についた珪藻や藍藻を主食とし、藻の香りが魚体に染みついているためで、英語でも「Sweetfish」と呼ばれます。

アユ100g中にタンパク質約18g、脂質6gが含まれ、ミネラルはカルシウムや亜鉛、マグネシウムが多く含まれるので、強壮・強精作用が期待出来ます。

一般的には、塩焼きにして、タデ酢(蓼の葉を刻んで二杯酢に混ぜたもの)で食べると美味です。また、アユの腸を取り出し、塩を沢山混ぜて「ウルカ」にし、お湯を入れて飲むと下痢の特効薬になります。

【出典】医者いらずの食べ物事典 石原結實著

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

ピックアップ記事

  1. Oリング・テストは誰でも簡単にすぐその場で、健康に良いものか、悪いものかを判断できる方法である。健康…
  2. デトックスやダイエットに効果的なハーブ(アンティチョーク、エルダーフラワー、オレガノ、カモミール、ジ…
  3. 煙草やお酒を吸ったり飲んだりすると毛細血管が収縮し、水分の供給がスムーズにいかなくなる。細胞に栄養は…
  4. 今は食品添加物に無関係ではおられない私たちの食生活...。でもやっぱし添加物の危険性は避けたいです。…
  5. 塩も味噌も醤油も日本人の健康には欠かせない食品。現代西洋医学や栄養学は塩分を敵視するが、体の要求に応…
  6. 大豆油、菜種油、ゴマ油、紅花油、オリーブ油、コーン油などの薬効について簡単にまとめた。植物油は、すべ…
  7. 梅干しには極端な食べ物(肉など極陽性の食べ物やアルコールなど極陰性の飲み物・食べ物)の害を中和する働…
ページ上部へ戻る