医食同源|アユは下痢の特効薬にもなる香魚

アユ科のアユは一科一属一種という珍しい魚で、日本以外では朝鮮半島、台湾、中国の一部にも多少分布しています。アユには「年魚」(1年で生命が果てる魚)という別名があります。 『和名抄』にも「春生じ、夏長じ、秋衰え、冬死す。故に年魚と名付く」とあり、1年でパーッと散るアユの「滅びの美学」は、日本人がアユを好む一因でもあるようです。

アユは他に「香魚」とも言われるのは、医師についた珪藻や藍藻を主食とし、藻の香りが魚体に染みついているためで、英語でも「Sweetfish」と呼ばれます。

アユ100g中にタンパク質約18g、脂質6gが含まれ、ミネラルはカルシウムや亜鉛、マグネシウムが多く含まれるので、強壮・強精作用が期待出来ます。

一般的には、塩焼きにして、タデ酢(蓼の葉を刻んで二杯酢に混ぜたもの)で食べると美味です。また、アユの腸を取り出し、塩を沢山混ぜて「ウルカ」にし、お湯を入れて飲むと下痢の特効薬になります。

【出典】医者いらずの食べ物事典 石原結實著

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

『カイテキオリゴ』

ピックアップ記事

  1. ウニには、脳や神経の働きに重要なビタミンB1、B2、リン脂質やグルタミン酸も多く含まれるので、健脳効…
  2. アサリは強肝作用のタウリンやビタミンB1、造血作用のビタミンB12や鉄、強精作用の亜鉛、骨粗鬆症予防…
  3. カニは一般に低脂肪、高タンパク質なので、肥満や生活習慣病に悩む人には格好の栄養食。糖分の代謝に必須の…
  4. エビ独特の甘みはグリシン、アラニン、プロリン、セリン、ベタインなどのアミノ酸で、ベタインは血中コレス…
  5. 興奮毒性とは、グルタミン酸ナトリウムやアスパルテームなどの興奮性のある神経伝達物質による過剰な刺激に…
  6. カキは、「海のミルク」と呼ばれ、エネルギー源のグリコーゲンが100g中6gも含まれていること、ビタミ…
  7. アワビはタンパク質に富み、グルタミン酸、ロイシン、アルギニン酸などのアミノ酸が多く含まれるのであの独…
ページ上部へ戻る