あっと驚く魚介類の薬効|アナゴは夏バテ予防に効果的な「海ウナギ」

アナゴはウナギに似て腹ビレがなく、背ビレ、尾ビレ、尻ビレが一続きになっているので「海ウナギ」の別称があります。体表はウナギ同様ヌルヌルしていますが、その成分はムチンというタンパク質で、外敵から身を守る働きがあり、食べると強壮効果を発揮します。ウナギとアナゴの鑑別ポイントはアゴで、ウナギは下アゴが上アゴより長く、アナゴは上アゴが長くなっています。

ビタミンAの含有量が非常に多く、また、Eも含まれているため、夏バテ予防、眼球乾燥症や視力低下、肌荒れに効果的です。

アナゴはハモやウナギと同様、血液中に弱いタンパク毒素を持っているので、刺身での生食は出来ませんが、加熱によって毒素は分解され、特に焼くと味はよくなるので、寿司種にされる他、天ぷらやかば焼きにもよく使われます。旬が春から夏なので、食通に言わせると、「魚体の前半分の方が後ろ半分より旨い」とのことです。

【出典】医者いらずの食べ物事典 石原結實著

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

『カイテキオリゴ』

ピックアップ記事

  1. コイはタンパク質や脂肪をはじめ、ビタミンA、B1、B2、カルシウム、鉄などのミネラルを豊富に含む。ま…
  2. カレイ100g中にタンパク質は19gと多く、脂質は2.2gと少なく、淡白な味で高タンパク・低カロリー…
  3. カツオは脂肪の含有量が少なく、タンパク質の含有量は獣肉以上、しかも脂肪酸は中性脂肪やコレステロールを…
  4. 加熱調理すると、その食品に含まれる酵素が喪失しビタミンやミネラルの自然のバランスが失われてしまうため…
  5. ウナギには、内臓、皮膚、眼、粘膜などを強化し、免疫力を旺盛にしてくれるビタミンAやレチノールは、イワ…
  6. 酵素(エンザイム)は、私たちが生きていく上で、非常に重要な役割を果たしているのです。酵素(エンザイム…
  7. イワシには、血栓を防ぐEPAや脳の働きを高めるDHAなどの不飽和脂肪酸の他に、カルシウムがイワシ10…
ページ上部へ戻る