医食同源|アジ、動脈硬化予防に「タタキ」はいかが

アジは北海道を除く殆どの地域の海岸から50~100mくらいの岩礁や海藻の繁茂する辺りに棲んでいます。マアジ、シマアジ、ムロアジが代表的ですが、日本近海では約20種のアジが水揚げされます。

アジにはアラニン、グリシン、グルタミン酸、イノシン酸などのアミノ酸が豊富に含まれており、同じく豊富に含まれるEPA、DHAなどの不飽和脂肪酸と適度に混じり合い、あの独特の味が生まれます。

「アジの味、鴨のごとし」「アジは味なり」「アジは味に通ず」など「美味しい魚」にアジの語源があるとする説と、アジは光に集まる性質が強いので、魚のよく集まる場所を意味する「アジロ=網代」からきているという説があります。

アジはEPAの他、タウリンを多く含んでいるので、動脈硬化、それからくる高血圧、脳血栓、心筋梗塞、視力低下や肝臓病の予防・治療に有効な魚と言えます。

【出典】医者いらずの食べ物事典 石原結實著

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

カイテキオリゴ

ピックアップ記事

  1. ウニには、脳や神経の働きに重要なビタミンB1、B2、リン脂質やグルタミン酸も多く含まれるので、健脳効…
  2. アサリは強肝作用のタウリンやビタミンB1、造血作用のビタミンB12や鉄、強精作用の亜鉛、骨粗鬆症予防…
  3. カニは一般に低脂肪、高タンパク質なので、肥満や生活習慣病に悩む人には格好の栄養食。糖分の代謝に必須の…
  4. エビ独特の甘みはグリシン、アラニン、プロリン、セリン、ベタインなどのアミノ酸で、ベタインは血中コレス…
  5. 興奮毒性とは、グルタミン酸ナトリウムやアスパルテームなどの興奮性のある神経伝達物質による過剰な刺激に…
  6. カキは、「海のミルク」と呼ばれ、エネルギー源のグリコーゲンが100g中6gも含まれていること、ビタミ…
  7. アワビはタンパク質に富み、グルタミン酸、ロイシン、アルギニン酸などのアミノ酸が多く含まれるのであの独…
ページ上部へ戻る