医食同源|ブルーベリーは眼精疲労を回復させるアントシアニン

ブルーベリーはツツジ科コケモモ属の低木で、ネィティブ・アメリカンが食用にしていたものを改良し、20世紀の初めに米国北東部で栽培。日本へは1,951年に導入され、75年から栽培開始されました。

特有の甘酸っぱさが好まれ、パイ、ジャム、ジュース、缶詰などに幅広く利用されています。第二次世界大戦中、ブルーベリージャムを多食していた英空軍パイロットの視力が向上したことから「効能」の研究が始められ、今では医薬品としても使われています。

ポリフェノールの一種である「アントシアニン」が網膜の視覚にかかわるロドプシンの再合成を促したり、網膜の血流をよくして、眼精疲労、老眼、白内障、視力低下など、眼のトラブルの予防・改善に役立ちます。アントシアニンには、強力な抗酸化作用があるので、活性酸素を除去し、ガン、心筋梗塞、脳卒中、炎症性疾患、老化などの予防もします。

乾燥させたブルーベリーを1日20~30粒、毎日食べ続けると良いでしょう。

【出典】医者いらずの食べ物事典 石原結實著

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

ピックアップ記事

  1. コイはタンパク質や脂肪をはじめ、ビタミンA、B1、B2、カルシウム、鉄などのミネラルを豊富に含む。ま…
  2. カレイ100g中にタンパク質は19gと多く、脂質は2.2gと少なく、淡白な味で高タンパク・低カロリー…
  3. カツオは脂肪の含有量が少なく、タンパク質の含有量は獣肉以上、しかも脂肪酸は中性脂肪やコレステロールを…
  4. 加熱調理すると、その食品に含まれる酵素が喪失しビタミンやミネラルの自然のバランスが失われてしまうため…
  5. ウナギには、内臓、皮膚、眼、粘膜などを強化し、免疫力を旺盛にしてくれるビタミンAやレチノールは、イワ…
  6. 酵素(エンザイム)は、私たちが生きていく上で、非常に重要な役割を果たしているのです。酵素(エンザイム…
  7. イワシには、血栓を防ぐEPAや脳の働きを高めるDHAなどの不飽和脂肪酸の他に、カルシウムがイワシ10…
ページ上部へ戻る