医食同源|ブドウ、生活習慣病に効果があるブドウ療法

ブドウはコーカサス原産で、ブドウ科のつる性落葉低木です。紀元前3,000年のエジプト時代から栽培されていました。日本へは12世紀に伝えられ、平安時代には栽培が行われていたと言われています。

■ブドウの薬用効果

ブドウの主成分はブドウ糖と果糖で、特にブドウ糖は医療用に使われ、点滴されるとすぐエネルギーに変わり、元気が出ます。そのため、ブドウの薬効は「疲労回復」が主です。また、鉄、カリウム、カルシウム、マグネシウム、ヨウ素、ホウ素、臭素などのミネラル、ビタミンB1、B2、B3、Cなどのビタミンも多く含まれ、正に「栄養剤」として面目躍如のフルーツです。

クエン酸、リンゴ酸、酒石酸などの有機酸は胃液の分泌を促し、アペタイザー(食欲増進剤)としても役立ちます。最近発見された、皮に含まれるレスベラトールは、活性酸素を除去し、心臓病やガンをはじめ、種々の病気に有効であることがわかりました。

イギリスでは、熟した実の汁はマスト(must)と呼ばれ、疲労回復、不眠症、利尿(むくみ)の妙薬として、民間で広く用いられてきました。

オーストリア、北イタリア、ドイツなどの保養地や自然療法病院では、ブドウの収穫期に4~6週間くらいブドウだけを食べて過ごす「ブドウ療法」が行われます。ブドウ療法は、肥満、高血圧、心臓病、痛風、呼吸器疾患(気管支炎、喘息)、腎臓の病気、貧血などに卓効があると言われています。要するに、高タンパク・高脂肪食をしばらく断ち、生活習慣病を治すという方法なのでしょう。

■ブドウを使った民間療法

・疲労
ブドウ250gをジューサーで搾り、コップ1杯のブドウジュースをゆっくり飲む

・貧血
干しブドウを毎日10粒くらい食べる

・食欲不振、病中、病後の回復
ブドウ、人参、レモンの生ジュースにハチミツを加えて、噛むようにして飲む

ブドウ100g → 80cc
人参0.5本(約100g) → 60cc
レモン0.5個(約50g) → 35cc 175cc(コップ1杯)

【出典】医者いらずの食べ物事典 石原結實著

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

ピックアップ記事

  1. ウニには、脳や神経の働きに重要なビタミンB1、B2、リン脂質やグルタミン酸も多く含まれるので、健脳効…
  2. アサリは強肝作用のタウリンやビタミンB1、造血作用のビタミンB12や鉄、強精作用の亜鉛、骨粗鬆症予防…
  3. カニは一般に低脂肪、高タンパク質なので、肥満や生活習慣病に悩む人には格好の栄養食。糖分の代謝に必須の…
  4. エビ独特の甘みはグリシン、アラニン、プロリン、セリン、ベタインなどのアミノ酸で、ベタインは血中コレス…
  5. 興奮毒性とは、グルタミン酸ナトリウムやアスパルテームなどの興奮性のある神経伝達物質による過剰な刺激に…
  6. カキは、「海のミルク」と呼ばれ、エネルギー源のグリコーゲンが100g中6gも含まれていること、ビタミ…
  7. アワビはタンパク質に富み、グルタミン酸、ロイシン、アルギニン酸などのアミノ酸が多く含まれるのであの独…
ページ上部へ戻る