医食同源|パパイアは肉の消化を助けてくれる木瓜

パパイアは熱帯アメリカ原産。沖縄では青パパイアの味噌漬けや糠漬けがあり、「瓜」と同じように使われるので「木瓜」とも言われます。果実には特有の臭みがあります。

パパイアの栄養上の特徴はビタミンA(カロチン)とCが大量に含まれていることと、タンパク分解酵素のパパインや、抗ガン効果のあるカルパインが含まれていることです。米国科学アカデミーが1,982年に、ビタミンA、C、Eはガン予防ビタミンと発表しましたが、カルパインも加わり、パパイアはガン予防効果の高いフルーツと言えるでしょう。但し、熟する程パパインの含有量は減るので要注意です。

パパイア果汁に肉を2~3時間つけると、肉が軟化します。肉好きの人のデザートにパパイアは最適です。フィリピンでは、イボや魚の目をとるのにパパイアの乳液を使い、ニキビやソバカスにも効果があるとして化粧品にも使われますが、パパインの作用と無関係ではないでしょう。

【出典】医者いらずの食べ物事典 石原結實著

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

ピックアップ記事

  1. 砂糖の甘さは大変刺激的です。その砂糖が曲者なのです。砂糖をとり過ぎると、女性性は劣化し、血液は酸性化…
  2. ミカンには、ビタミンA、C(特に多く、2個食べると1日の所要量を摂取)、E、カリウム、カルシウム、リ…
  3. 桜沢如一はじめ多くの食養家は玄米食を推奨しています。しかし、玄米食は多くの利点がある一方で、健康を害…
  4. ブルーベリーの「アントシアニン」が網膜の視覚にかかわるロドプシンの再合成を促したり、網膜の血流をよく…
  5. よく噛むことは、全身を活性化させるのに大変重要な働きをしています。このよく噛むことの効用について、学…
  6. ブドウの主成分はブドウ糖と果糖で、鉄、カリウム、カルシウム、マグネシウム、ヨウ素、ホウ素、臭素などの…
  7. ビワ葉に含まれるアミグダリンがガンに有効な薬効成分で、ビワの葉療法と自然食による養生で見事にガンを追…
ページ上部へ戻る