医食同源|グレープフルーツは食欲が増進するブドウのように実る果実

グレープフルーツは西インド諸島原産のミカン科の常緑小高木です。「pomelo」というのが本名ですが、実が枝先に固まってつき、「まるでブドウのように房になって実るフルーツ」という意味で、「grape fruit」という名がついてます。

元々は東洋産のブンタン(ザボン)が西インド諸島で突然変異を起こして出来たものが、1,750年頃、バルバドス島で発見され、19世紀にアメリカのフロリダに持ち込まれ、現在のグレープフルーツになりました。現在、フロリダとカルフォルニアで世界の生産量の80%を出荷しています。日本には1,915年、米国から伝えられましたが、湿気と低温のため栽培には適さず、和歌山以外では殆んど生産されていません。


【出典】http://aroma-efficacy.link/?p=1221 より

■グレープフルーツの薬用効果

グレープフルーツは香りがよく多汁で、苦みと酸味を帯びた爽やかな風味が特徴です。含有成分は他の柑橘類とほぼ同じですが、ビタミンCは約40mg(100g中)で、レモン、オレンジに次いで多い果実です。そのため常食すると、脳卒中などの脳血管障害や心臓病の予防になります。

酸味のもとであるクエン酸は、唾液や胃液の分泌を促し、食欲増進や胃腸機能の増強に役立つので、アペタイザーとして食前に食べるのもよいでしょう。グレープフルーツは白肉種(ホワイト)と赤肉種(ルビー)がありますが、ルビーの方がβーカロチンの含有量は多いので、体内の活性酸素を除去する力が強く、ガン予防にはより有益です。

艶があり、ズシリと重みのあるものほど新鮮なので、店頭で買う時のチェック・ポイントにされるとよいでしょう。グレープフルーツは、ジュースや缶詰めとして用いられる他、ペクチン(食物繊維)が多いので、マーマレードにもよく利用されます。精油は、香料にも用いられています。

■グレープフルーツを使った民間療法

・二日酔い、タバコの吸い過ぎ
生ジュースをコップ1~2杯飲む。ビタミンCがニコチンの解毒、肝機能を強化する

・イライラ、不安、不眠
生ジュースコップ半分にハチミツを加え、お湯を注いで一杯にして飲む

【出典】医者いらずの食べ物事典 石原結實著

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

『カイテキオリゴ』

ピックアップ記事

  1. 砂糖の甘さは大変刺激的です。その砂糖が曲者なのです。砂糖をとり過ぎると、女性性は劣化し、血液は酸性化…
  2. ミカンには、ビタミンA、C(特に多く、2個食べると1日の所要量を摂取)、E、カリウム、カルシウム、リ…
  3. 桜沢如一はじめ多くの食養家は玄米食を推奨しています。しかし、玄米食は多くの利点がある一方で、健康を害…
  4. ブルーベリーの「アントシアニン」が網膜の視覚にかかわるロドプシンの再合成を促したり、網膜の血流をよく…
  5. よく噛むことは、全身を活性化させるのに大変重要な働きをしています。このよく噛むことの効用について、学…
  6. ブドウの主成分はブドウ糖と果糖で、鉄、カリウム、カルシウム、マグネシウム、ヨウ素、ホウ素、臭素などの…
  7. ビワ葉に含まれるアミグダリンがガンに有効な薬効成分で、ビワの葉療法と自然食による養生で見事にガンを追…
ページ上部へ戻る