あっと驚く野菜の薬効|里芋は消化吸収に優れた山里の芋

イモ類というとジャガイモやサツマイモ、里芋などがすぐ浮かびますが、私は里芋が大好きです。イカと一緒に煮つけたり、お煮しめにしてよく頂きます。あのトロッとした食感が最高です。

トロミの成分は、里芋特有で粘液質のムチンやガラクタンによるものです。ムチンは、タンパク質の消化促進、滋養強壮、潰瘍予防、解毒などの優れた作用があります。、また、ガラクタンはガラクトースを成分とする多糖類で、脳細胞を活発にする働きがあります。

里芋の薬効について、”医者いらずの食べ物事典 石原結實著”よりご紹介します。

■里芋の薬用効果

里芋は熱帯アジア原産のサトイモ科の多年生草本です。日本へは稲渡来以前の縄文時代に、すでに中国から伝来しており、『万葉集』に出てくる「宇毛」が里芋とされています。山里で一般的に栽培されているので「山芋」に対して「里芋」と命名されたようです。旧暦の8月15日(中秋の名月)は、別名「芋名月」と言い、ススキ、ハギ、オミナエシ、里芋が供えられますが、元来は里芋の初物を祝う収穫祭であったと言われます。

江戸時代の『大和本草』には「湿地を好む。山中の農多く植えて糧として甚民用に利あり」とあり、里芋が重要な救荒食であったことを示しています。『本草綱目』には、「生で食べると有毒で、味のえぐい物は食べるべからず。魚と一緒に食べると、甚だ気を下して中を整え、虚を補う」とあります。デンプンが多く含まれ、そのエネルギー化を助けるビタミンB1、脂肪の燃焼を助けるビタミンB2の他、タンパク質も十分に含まれ、消化吸収もよく、老人、子供、病人の栄養補給に大変優れています。

里芋特有の成分として、粘液質のムチンやガラクタンがあります。ムチンは、タンパク質の消化促進、滋養強壮、潰瘍予防、解毒などの優れた作用があります。ガラクタンはガラクトースを成分とする多糖類で、脳細胞を活発にする働きがあります。

芋や葉柄(芋の茎)の皮をむくと手が痒くなるのは、シュウ酸カルシウムのためで、里芋を食べた時の苦い味もこの物質のせいです。芋は、田楽、塩ゆで、芋汁に、葉柄は汁の具、漬物などに利用できます。この葉柄は「芋茎(ずいき)」とも言われ、皮をむいて乾燥させて保存食品として利用されてきました。

■里芋を使った民間療法

・打ち身、捻挫、関節炎、おでき、乳腺炎
里芋をおろし金ですりおろしたものに、その量の1/3のうどん粉(小麦粉)と少量のショウガ汁を加えて、患部に湿布する

・気管支炎、肺炎
胸の部分に上記の温湿布をする

・痰、慢性気管支炎
味噌汁の具として、毎日食べる

・(毒)虫刺され
芋茎(ずいき)を潰して汁を塗る

【出典】医者いらずの食べ物事典 石原結實著

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

『カイテキオリゴ』

ピックアップ記事

  1. ウニには、脳や神経の働きに重要なビタミンB1、B2、リン脂質やグルタミン酸も多く含まれるので、健脳効…
  2. アサリは強肝作用のタウリンやビタミンB1、造血作用のビタミンB12や鉄、強精作用の亜鉛、骨粗鬆症予防…
  3. カニは一般に低脂肪、高タンパク質なので、肥満や生活習慣病に悩む人には格好の栄養食。糖分の代謝に必須の…
  4. エビ独特の甘みはグリシン、アラニン、プロリン、セリン、ベタインなどのアミノ酸で、ベタインは血中コレス…
  5. 興奮毒性とは、グルタミン酸ナトリウムやアスパルテームなどの興奮性のある神経伝達物質による過剰な刺激に…
  6. カキは、「海のミルク」と呼ばれ、エネルギー源のグリコーゲンが100g中6gも含まれていること、ビタミ…
  7. アワビはタンパク質に富み、グルタミン酸、ロイシン、アルギニン酸などのアミノ酸が多く含まれるのであの独…
ページ上部へ戻る