あっと驚く野菜の薬効|ピーマンは発毛を促進する緑の唐辛子

■ピーパンの薬用効果

ピーマンは、南アメリカのアマゾン川流域原産のナス科の一年生草本です。「ピーマン」はフランス語の「piment」からきています。英語では「緑の唐辛子(Green Pepper)」とか「甘唐辛子(Sweet Pepper)」などと呼ばれるように、唐辛子の一種であることがわかります。

15世紀にコロンブスがヨーロッパに伝え、日本には明治初期にアメリカから入ってきました。しかし、当時の人々は、唐辛子は辛いものだという先入観があり、「テヤンデェこんなもん、唐辛子と言えるかい」という具合に、拍子抜けしたピーマンの味になじめず、殆んど普及しませんでした。

唐辛子の仲間には、タカノツメ、ヤツブサ、ナガミトウガラシなどの辛味型と、シシトウガラシ、ピーマンのような辛味の少ない甘味型があります。旬は夏で、βーカロチン、ビタミンC、B1、B2も多く含まれ、夏バテ予防には格好の野菜です。通常ビタミンCは熱に弱いのですが、ピーマンのビタミンCは熱に強いという特徴があります。また、毛細血管を強化し、出血を防ぐビタミンPも含まれているので、脳出血をはじめ種々の出血性疾患、潰瘍・傷の予防・治療に有効です。

ピーマンの濃い緑を出している葉緑素(クロロフィル)は、血液中のコレステロール低下作用や抗ガン効果があることも知られています。また、比較的多く含まれている食物繊維は、便通をよくし、腸内の老廃物の解毒、排泄を促してくれます。特筆すべきは、ミネラルであるケイ素が多く含まれているので、爪や毛の発育に効果があるという点です。

今日では、一年中出回っているので、サラダにして食べたり、油を使って炒めたり、ピーマンの肉詰めにして食べたりと、大いに利用するとよいでしょう。

■ピーマンを使った民間療法

・脱毛、爪の発育不良
人参、リンゴ、ピーマンの生ジュースを毎日飲む

人参2本(約400g) → 240cc
リンゴ1個(約250g) → 200cc
ピーマン100g     →  60cc     500cc(コップ3杯弱)

【出典】医者いらずの食べ物事典 石原結實著

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

カイテキオリゴ

ピックアップ記事

  1. ホウレン草の効能として特筆すべきは、胃腸を浄化・清掃し、それを再建・再生する強力な薬理作用を持ってい…
  2. 減塩商品が定着し、塩の摂り過ぎが高血圧の元凶であると、塩が悪者扱いされてから久しい。しかし、日本や海…
  3. 見直したい食の常識について、① 歯並びから観る人間に最も適した食物構成は?② 「旨い!」と感じるもの…
  4. にがりの主成分である塩化マグネシウム(Mgcl2)が体内のタンパク質やカルシムとくっつき、腎臓結石、…
  5. 病気を治そうとする反応が「食欲不振」と「発熱」ならば、病気の根本原因は、その反対の「食べ過ぎ」と「冷…
  6. ピーマンには、βーカロチン、ビタミンC、B1、B2も多く含まれ、夏バテ予防には格好の野菜。毛細血管を…
  7. 1食抜く方法は、普通は「朝食を抜く」というやり方が一番やりやすいが、本人の生活環境があるのだから、「…
ページ上部へ戻る