あっと驚く野菜の薬効|ネギは冬場のビタミン補給に最適のお鍋の友

■風邪の時はネギ味噌

風邪のとき「ネギ味噌」にして細かく刻んで味噌を混ぜ、熱湯を注いで飲むとよく発汗し、熱もすっかりとれてしまいます。ネギの強い臭気は硫化アリルなどによるもので、神経を刺激し、消化を助け、発汗作用を盛んにします。

以下、”医者いらずの食べ物事典 石原結實著”よりネギの薬効についてご紹介します。

■ネギの薬用効果

ネギはアジア産のユリ科の多年生草本です。日本には古くから伝えられ、日本書紀や万葉集にもその記載があります。「葱は気の義なり。根を賞するに根葱という」と古書にあるがごとく、気を高める作用が昔から知られていたのでしょう。

ネギを含め、玉ねぎ、ニラ、ニンニクなどアリウム属の野菜は、アリイン(アリル硫化物)が含まれ、強壮、興奮、去痰、発汗、利尿、駆虫などの作用があり、熱の出る病気に対して用いると、体内の老廃物を排除し、解毒、消炎作用を発揮します。

アリインを含む植物を調理して細胞を砕くと、アリインは一緒に含まれているアリナーゼ(酵素)により分解されてアリシンに変化し、強烈な刺激臭を放ちます。ビタミンB1はアノイリナーゼという体内の酵素によって破壊されますが、アリシンと結合してアリチアミンに変化すると破壊されないので、アリウム族の野菜はビタミンB1の働きを高め、滋養強壮、鎮静効果を促進してくれるのです。

ネギの青い部分には、βーカロチン、ビタミンB2・C、ニコチン酸などのビタミンやカルシウム、リン、マンガン(造血作用)などのミネラルが存分に含まれているので、冬場のビタミン補給にはなくてはならない野菜です。

ニンニク、ニラと共にネギは「葷(くん)」と呼ばれ、酒と共に禅寺の山門に入ることを禁じられていましたが、実は、強壮・強精作用があるからと思われます。

■ネギを使った民間療法

・風邪
ネギを細かく刻み、味噌を半々に混ぜて、どんぶりに入れて熱湯を注ぎ、飲んですぐ寝る

・不眠症
シソの葉とネギを入れた温かいスープを寝る前に飲む。手足が温まり、気持ちが和らいで、よく眠れる

・食欲不振
細かく刻んだネギに味噌とすりおろした生姜を適量加えて、熱湯を注いで飲む

【出典】医者いらずの食べ物事典 石原結實著

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

『カイテキオリゴ』

ピックアップ記事

  1. ホウレン草の効能として特筆すべきは、胃腸を浄化・清掃し、それを再建・再生する強力な薬理作用を持ってい…
  2. 減塩商品が定着し、塩の摂り過ぎが高血圧の元凶であると、塩が悪者扱いされてから久しい。しかし、日本や海…
  3. 見直したい食の常識について、① 歯並びから観る人間に最も適した食物構成は?② 「旨い!」と感じるもの…
  4. にがりの主成分である塩化マグネシウム(Mgcl2)が体内のタンパク質やカルシムとくっつき、腎臓結石、…
  5. 病気を治そうとする反応が「食欲不振」と「発熱」ならば、病気の根本原因は、その反対の「食べ過ぎ」と「冷…
  6. ピーマンには、βーカロチン、ビタミンC、B1、B2も多く含まれ、夏バテ予防には格好の野菜。毛細血管を…
  7. 1食抜く方法は、普通は「朝食を抜く」というやり方が一番やりやすいが、本人の生活環境があるのだから、「…
ページ上部へ戻る