医食同源|生姜は万病の妙薬、生姜なしに漢方は成り立たない

私は生姜は、今迄、イカ刺身の薬味とか、お寿司や牛丼、豚肉の生姜焼きを食べる時くらいしか生姜を食べていなかったのですが、最近は生姜紅茶を作って1日1杯は飲むようになりました。

生姜は米国では、生姜はジンジャーブレッドやジンジャースナップ(クッキー)で有名です。生姜は、ヨーロッパの植物医学でも使用されます。フランスのフィトアロマテラピーでは、消化性の抗炎症や抗潰瘍薬として使用されています。

生姜は、私たちが使う医療用漢方薬約150種のうち約70%に含まれており、「生姜なしに漢方は成り立たない」と言われるほどの薬効があります。全身の細胞の新陳代謝を亢進させ、特に、大脳や延髄の呼吸・循環中枢を刺激して、全身の機能を高め、気力、体力、免疫力を高める、という、正に心身の万病の妙薬です。

生姜湿布は疼痛や様々な血行を巡るトラブルに対する伝統的な民間療法で、こり、痛み、腹水、婦人病、膀胱炎、胃腸病、気管支炎、肺炎や喘息による咳など、あらゆる病気に対して、著しい効果を発揮します。

「食品が最良の薬」であるという自明の理を説明するために、生姜ほどふさわしい例は他にないと言っても過言ではないでしょう。

そんな生姜の薬用効果について、”医者いらずの食べ物事典 石原結實著”よりご紹介します。

■「生姜なしに漢方は成り立たない」

生姜は熱帯アジア原産のショウガ科の多年草で、日本には稲作と共に弥生時代に伝来しました。生姜は、私たちが使う医療用漢方薬約150種のうち約70%に含まれており、「生姜なしに漢方は成り立たない」と言われるほどの薬効があります。

漢方の原典と言うべき『傷寒論』に「生姜は体を温め血流をよくし、すべての臓器の働きを活性化させます。体内の余分な液体(水の滞り)をとり除き、駆風を促し(ガスを排泄し)、消化を助ける……」と書いてあり、明時代に書かれた薬学書の『本草綱目』には、「生姜は百邪(種々の病気)を防御する」とあります。孔子も毎日、生姜を副菜に食べていたと言われてます。

生姜はインドの原産であるが、紀元前2世紀には、古代アラビア人により、インドから古代ギリシア、ローマに海路で伝えられました。ピタゴラスも、生姜を消化剤や駆風剤(お腹のガスをとる薬)として使用していたそうです。

生姜はジンジロゲン、ジンゲロール、ショーガオールなどの辛み成分と、ジンギベレン、クルクミン、ピザボレン、ピネン等の芳香(精油)成分から成り立っています。寿司には必ず生姜を添えて食べますが、ジンジロゲンやショーガオールには強力な殺菌作用があり、タネの魚介類による食あたりを防ぐ意味があります。また、寿司を食べ過ぎても案外胃腸を壊さないのは、ジンジロゲンによる健胃作用によるものと考えられます。

最近、薬理学の分野で生姜の驚くべき効能が、次々に発見されています。

■生姜の薬効

① 血管を拡張して血流をよくし、体を温める
② 血小板の凝集力を弱めて、血栓を予防する
③ 体温を上げ、白血球の力を強めて免疫力を高める
④ 発汗・解熱・去痰・鎮咳作用を発揮する
⑤ 排尿を促し、むくみや水太りを改善する

⑥ 脳の血流をよくして抑うつ気分をとる
⑦ 唾液、胃液、膵液、胆汁、腸液の分泌を促して、消化を高める
⑧ 食中毒菌や腸内の有害菌を殺菌する
⑨ 副腎髄質からアドレナリンの分泌を促して、気分を高める
⑩ 血液中のコレステロールを低下させる

等々、多岐にわたっています。

英和辞典で「ginger」を引くと、① 生姜の他に ② 意気 ③ 健康 ④ 元気 ⑤ ピリッとしたところ、という意味が書いてあり、動詞として、① 生姜で味をつける ② 活気づける ③ 鼓舞する、とあり、「There is no ginger in him」は「彼には気骨がない」と訳しています。ということは、イギリス人も生姜の効能を知っていた、ということになります。

14世紀にペストが流行し、ロンドン市民が1/3も死んだ時、「生姜をよく食べていた人は死ななかった」ことがわかり、16世紀になってヘンリー8世が、ロンドン市長に「国民は、沢山生姜を食べる様に」と命じて作らせたのが、今もロンドンに行けば売っている人の形をした「ginger bread(生姜クッキー)」です。

生姜には「意気、健康、元気」の意味がありますが、科学的にも、全身の細胞の新陳代謝を亢進させ、特に、大脳や延髄の呼吸・循環中枢を刺激して、全身の機能を高め、気力、体力、免疫力を高める、という、正に心身の万病の妙薬という処です。

■生姜を使った民間療法

・魚や肉の中毒
生姜のおろし汁を、おちょこ1杯飲む

・風邪、冷え性、貧血、低血圧、胃腸病
生姜湯を飲む。親指大のひね生姜をすりおろして、急須か紅茶こしの網を使って熱湯でこし、湯呑に七~八分目の量を注ぎ、そこに適量のハチミツか黒砂糖を入れて、1日2~3回(2~3杯)飲む

・胃腸病(下痢、便秘、腹痛、腹鳴、吐き気など)、冷え性、風邪、気管支炎
梅醤番茶を飲む

① 種子を取り去った梅干しを1個を湯呑に入れて、果肉をよく潰す
② ①の中に醤油大さじ1杯を加えてよく練り合わせる
③ 生姜をすりおろして、布巾で絞ったものを5~10滴落とす
④ 熱い番茶を注いで湯呑いっぱいにし、よくかき混ぜて飲む

生姜湯の効果を上回るほどの保温効果があり、痛みの病気や婦人病にも効果があります。1日1~2回の飲用で大丈夫ですが、幼児や子供に与える場合は4~5倍に薄めて下さい

・痛み、腹水、喘息、むくみ
生姜湿布をする

① 生姜150gをおろし金ですりおろす。生姜は新しいものではなく古生姜がよい
② おろした生姜を木綿の袋に入れて上部を紐でくくる。木綿のハンカチなどにくるんで輪ゴムで止めてもよい
③ 水2Lを入れた鍋に②を入れて、沸騰寸前まで火にかける
④ 鍋の生姜湯が冷めないよう、とろ火で温め続ける
⑤ 70℃くらいの生姜湯の中にタオルを浸して、あまり固くならないように絞り、このタオルを患部に当てる
⑥ そのままだとすぐ冷えるので、このタオルの上にビニールをかぶせておき、その上に乾いたタオルをのせる
⑦ 10分位したら、また、タオルを生姜湯につけて絞り、再び患部に当てる
⑧ これを2~3回繰り返す
⑨ 痛みや症状が酷い時は、1日2~3回やる
⑩ 生姜湯は火で温め直して2~3回使える

この生姜湿布をする前後1時間は、入浴するとヒリヒリするので要注意です。こり、痛み、腹水、婦人病、膀胱炎、胃腸病、気管支炎、肺炎や喘息による咳など、あらゆる病気に対して、著しい効果を発揮します。ガンによる痛みで、モルヒネも効かない患者に生姜湿布を施すと、鎮痛効果のお蔭でスヤスヤと眠ってしまう、ということもよく経験する程です。

アトピー性皮膚炎に生姜湿布をすると、はじめは皮膚にしみますが、2~3日すると治癒が早くなります。アトピーにかかっている手を生姜湯(約40~42℃)の中に5分くらい浸けても効果があります。

【出典】医者いらずの食べ物事典 石原結實著
【参考】生姜の健康効果、大和薬品㈱HPより

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

カイテキオリゴ

ピックアップ記事

  1. 砂糖の甘さは大変刺激的です。その砂糖が曲者なのです。砂糖をとり過ぎると、女性性は劣化し、血液は酸性化…
  2. ミカンには、ビタミンA、C(特に多く、2個食べると1日の所要量を摂取)、E、カリウム、カルシウム、リ…
  3. 桜沢如一はじめ多くの食養家は玄米食を推奨しています。しかし、玄米食は多くの利点がある一方で、健康を害…
  4. ブルーベリーの「アントシアニン」が網膜の視覚にかかわるロドプシンの再合成を促したり、網膜の血流をよく…
  5. よく噛むことは、全身を活性化させるのに大変重要な働きをしています。このよく噛むことの効用について、学…
  6. ブドウの主成分はブドウ糖と果糖で、鉄、カリウム、カルシウム、マグネシウム、ヨウ素、ホウ素、臭素などの…
  7. ビワ葉に含まれるアミグダリンがガンに有効な薬効成分で、ビワの葉療法と自然食による養生で見事にガンを追…
ページ上部へ戻る