あっと驚く野菜の薬効|キュウリは暑気あたりに効果がある浅漬けの定番

■キュウリの薬効

スイカやキュウリなどウリ科の植物には、カリウムやイソクエルトシンという利尿作用の強力な成分が含まれているため、利尿の必要な病気である高血圧、心臓病、腎臓病、肥満症などに用いると大変効果があります。

但し、キュウリは南方産で、体を冷やす陰性食品です。暑がりの陽性体質の人が前記の病気を患っている時に利用すると効果はてきめんですが、冷え性の人は却って逆効果になることがあります。そのため、冷え性の人は糠味噌漬けや浅漬けなど、塩を加えて陽性に変えてから食べる工夫が必要です。半面、体を冷やすので、ほてり、暑気あたり、日焼け、やけどに用いると効果があります。

栄養素としては、ビタミンC、カリウム以外は殆んど期待できない、というのが一般論ですが、皮膚や毛髪の健康に不可欠なケイ素が多く含有されていることはあまり知られていません。

■キュウリを使った民間療法

・二日酔い
コップ半杯~1杯の生汁を飲む

・やけどや打ち身
すりおろしたキュウリに小麦粉を加えて練り、ガーゼか布に置いて湿布する

・むくみ、高血圧、心臓病、腎臓病
人参、リンゴ、キュウリの生ジュースを朝食代わりにゆっくり飲む

人参2本(約400g) → 240cc
リンゴ0.5個(約150g) → 120cc
キュウリ1本(約100g) →  80cc     440cc(コップ2.5杯)

・脱毛、爪の発育不良
人参、キュウリ、ピーマンの生ジュースを朝食代わりにゆっくり飲む

人参2本(約400g) → 240cc
キュウリ1本(約100g) →  80cc
ピーマン50g    → 30cc       350cc(コップ2杯)

【出典】医者いらずの食べ物事典 石原結實著

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

ピックアップ記事

  1. 食べ過ぎは万病の元。食べ過ぎによる病気予防に、朝食を1~2杯の生姜紅茶に置き換えてみることがお薦め。…
  2. セロリはビタミンA、B1、Cの他、赤血球の栄養となるマグネシウムや鉄を多く含むので、貧血の改善、美肌…
  3. 生活習慣病は西洋医療が非常に不得手とする病気だが、食養生では根治が可能。石原結實先生の少食健康法の実…
  4. 生姜は、私たちが使う医療用漢方薬約150種のうち約70%に含まれており、「生姜なしに漢方は成り立たな…
  5. 石原式基本食は、朝は生姜紅茶か人参・リンゴジュース、昼食はソバ、ネギや七味唐辛子を存分にふって、夜は…
  6. シソはβーカロチン、ビタミンB1、B2、C、鉄、カルシウム、リンなどのミネラル、クロロフィルなどを多…
  7. 自由摂食動物に比べ、60%(腹六分)にカロリーを抑えた「少食」動物は、食事制限により、加齢病の原因と…
ページ上部へ戻る