医食同源|キャベツに含まれるビタミンUは潰瘍の特効薬!

私は薬は滅多に飲むことはありませんが、「胃痛・もたれ・むかつきにキャベジン」でおなじみの胃腸薬・キャベジンには、キャベツの絞り汁から見つかった胃粘膜修復成分MMSC(メチルメチオニンスルホニウムクロリド、ビタミンUとも呼ばれる)が含まれています。

石原結實先生の薦める少食健康法を実践するようになってから、朝食の代わりに人参・リンゴジュースを朝1杯飲むようになりましたが、疲れた胃腸を早く元気にしてやりたいので、最近ではそれにキャベツの搾り汁も加えて飲むようになりました。

キャベツに含まれるビタミンUは、胃・十二指腸潰瘍で傷付いた粘膜を修復する他、肝機能強化してくれ、また、キャベツ汁には、大腸や乳房などのガン細胞の分裂・増殖を抑えるインドール化合物が含まれています。

人参・リンゴだけのジュースより少々ピリ辛となって甘みも落ちるのですが、人参・リンゴ・キャベツジュースは胃腸に効きます。

トンカツの付け合わせには必ずと言ってほど、キャベツの千切りがついてます。この組み合わせ、実は理に適っていて、キャベツの食物繊維がとんかつの脂肪の吸収を抑え、かつ、キャベツに豊富に含まれるビタミンUが胃腸を優しく守ってくれるのです。

キャベツの薬効について”医者いらずの食べ物事典 石原結實著”よりまとめました。

■キャベツは淡黄色野菜中、最もビタミン・ミネラルが豊富

ヨーロッパでは「貧乏人の医者」という別名があるほどで、古代ローマの政治家、大カトー(BC234~149)は「ローマ人が何世紀もの間、医者なしでやってこられたのは、キャベツのお蔭である」と言っています。ピタゴラスは「キャベツは元気をつけ、気分を落ち着かせてくれる」と言い、医聖ピポクラテスも「腹痛と赤痢の特効薬」としたとされています。

事実、淡色野菜の中では最もビタミンやミネラルを豊富に含んでいます。ビタミンとしては、A(免疫力増強)、B群(疲労回復)、C(免疫力増強、抗ガン作用)、K(止血作用)があり、ミネラルとしては、塩素、カルシウム、ナトリウム、鉄、イオウ、ヨードがあります。

■キャベツ汁は大腸や乳房などのガン細胞の分裂・増殖を抑える

特にイオウと塩素は、強力な胃腸浄化作用を発揮するので、多量にキャベツを食べるとイオウの匂いがするガスを発生します。これは腸内の老廃物が分解・浄化されているためです。また、この塩素やイオウは呼吸器の浄化・清掃をするため、風邪や気管支炎の時の痰切りに役立ちます。キャベツ汁には、大腸や乳房などのガン細胞の分裂・増殖を抑えるインドール化合物が存在するという報告も数多く発表されています。

■キャベツに含まれるビタミンUは潰瘍の特効薬

キャベツで特筆すべきことは、潰瘍の特効薬であるビタミンU(Uはulser=潰瘍の頭文字)を含むことです。1,951年、米国スタンフォード大学外科学のチェイニー教授が、難治性の胃潰瘍患者に、ヨーロッパの胃潰瘍に対する民間療法であるキャベツ汁を飲ませたところ、全員が治癒したことから発見されたビタミンです。ビタミンUは胃・十二指腸潰瘍で傷付いた粘膜を修復する他、肝機能強化にも役立ちます。

■キャベツを使った民間療法

・胃炎、胃潰瘍、肝臓病、ガン、気管支炎
人参1本、リンゴ1個、キャベツ100gをジュースにして毎日飲む

・筋肉痛、関節痛、神経痛、痛風
アイロンでキャベツの葉をしぼませてから、患部に当てておくと痛みが軽減する(フランスの植物療法家、M・メッセゲ氏による)

【出典】医者いらずの食べ物事典 石原結實著

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

カイテキオリゴ

ピックアップ記事

  1. 砂糖の甘さは大変刺激的です。その砂糖が曲者なのです。砂糖をとり過ぎると、女性性は劣化し、血液は酸性化…
  2. ミカンには、ビタミンA、C(特に多く、2個食べると1日の所要量を摂取)、E、カリウム、カルシウム、リ…
  3. 桜沢如一はじめ多くの食養家は玄米食を推奨しています。しかし、玄米食は多くの利点がある一方で、健康を害…
  4. ブルーベリーの「アントシアニン」が網膜の視覚にかかわるロドプシンの再合成を促したり、網膜の血流をよく…
  5. よく噛むことは、全身を活性化させるのに大変重要な働きをしています。このよく噛むことの効用について、学…
  6. ブドウの主成分はブドウ糖と果糖で、鉄、カリウム、カルシウム、マグネシウム、ヨウ素、ホウ素、臭素などの…
  7. ビワ葉に含まれるアミグダリンがガンに有効な薬効成分で、ビワの葉療法と自然食による養生で見事にガンを追…
ページ上部へ戻る