少食健康法体験談|16年前に乳ガン、4年後に再発したが、今は元気

16年前に乳ガン、4年後に再発したが、石原式少食健康法を守り乳ガン再発を防ぎ、元気になられた59歳主婦の方の体験談です。

■16年前に乳ガン、4年後に再発したが、今は元気

現在体重45kgを保っていますが、生来の低血圧と食いしん坊で、何かと失敗も多いのです。16年前乳ガンになり、バイオプシー(生検)による検査の為に、外来で患部をくり抜いただけで、何の治療もせず、石原先生のサナトリウムでの断食を実行しました。その結果、53kgから45kgに減量しました。

その後、朝の人参ジュースと散歩を続けましたが、ある冬の朝に飲んだ1杯のコーヒーから胃酸過多になってしまいました。それでもジュースと1日2食を守っていたのですが、3年後、胃の調子が益々悪くなり、朝は市販のジュースとトースト及びコーヒーに変えました。それから1年後、ガンの乳房内再発が見つかりました。


【出典】http://takeda-kenko.jp/ より

何故再発したか不安にかられましたが、止む無く温存術を受けて帰宅後、1週間ジュース断食を行いました。

50代になって、朝のコーヒーが欠かせなくなり、自家製パンやお菓子を食べるので、体重は49kgに増えました。年に3~4回は風邪を引くようになり、発熱が1週間も続くので困っていましたが、数日の断食の後はスッキリ回復し、体も軽くなります。昨年からお菓子を止めた処、風邪を引かなくなり、現在の体重に落ち着きました。

再発手術の後、全く検査を受けていませんでしたが、つい最近検査を受けました。マンモグラフィーで小さな石灰化があるだけで、再発や異常は見つかりませんでした。61歳の夫も、朝、人参ジュースだけにしてから、毎年の人間ドッグで異常がなく、尿酸値も高めながら正常です。彼の兄弟3人は痛風の発作を起こしています。

私は夏でも食欲が落ちることなく、よく汗をかき、身軽に動けます。旅行に出かけた時はお腹一杯食べますし、美味しいものに目がないのは発病前と変わらないのですが、「食べ過ぎたら断食するように」との先生のご指示を守って来ました。

石原先生とサナトリウムの皆様に感謝しております。

【出典】食べない健康法 石原結實著

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

カイテキオリゴ

ピックアップ記事

  1. イチジクは、中国では五痔(5種類の痔=切れ痔、脱腸、内痔核、外痔核、痔ろう)を治す薬として有名。多く…
  2. イチゴはビタミンC、鉄分を多く含み、貧血を改善し、皮膚を美しくして血色のよい顔色を作る。食物繊維のペ…
  3. アボカドは「生命の源」「森のバター」と言われるほどの高栄養食品。血中のコレステロール低下作用を持つ不…
  4. ピーナッツには、良質のタンパク質、動脈効果を予防する不飽和脂肪酸、ビタミンB群、E、アルツハイマー病…
  5. ゴマは稀に見るカルシウム資源であり、また、メチオニン、リジンなどのタンパク質が含まれ、その他のアミノ…
  6. クルミの実には脂肪、タンパク質、カルシウム、ブドウ糖、ビタミンB1、Eなどが含まれ、栄養価が高い。ク…
  7. ギンナンは生きた化石の木の実であり、生命力が旺盛。ギンナンに含まれる青酸配糖体が、咳や喘ぎを静めて痰…
ページ上部へ戻る