「ファスティング(断食)は、万病を治す妙法である」、これは5,000年以上の歴史を誇るヨガの教えです。また、ヨガには「腹八分で医者いらず」「腹六分で老いを忘れる」「腹四分で神に近づく」と言う教えもあります。つまり、少食にするほど、若々しく病気と無縁になるのです。

■食生活が飽食となって細胞内便秘に

今の世の中、生活習慣病だらけです。食生活が飽食になったせいであることは間違いありません。具体的には肉、卵、乳脂製品、油もの、甘いものの食べ過ぎです。これらの食品を過食する人の病気の特徴は、細胞の質が極めて悪いことです。ナチュラル・ハイジーンでは、これを「細胞便秘」と呼んでいるほどです。細胞レベルでの新陳代謝不良がガンなどの難病・生活習慣病を引き起こすのです。

ファスティング(断食)は、体の細胞を質の良い健康な細胞に入れ替え、新品の健康な細胞に出来る唯一の方法かも知れません。代謝行為の一つ「入れ替え、再生(新生)、解毒、排泄」はファスティングをやるとスムーズに出来ます。それ故、大便にもかなりの量の崩壊した細胞が抜け落ちてきます。ファスティングしていても大便がしっかり出るのは、その細胞が排泄されるからです。代謝がスムーズにいくことで、様々な疾病が改善されていきます。

■ファスティング療法が国からも認定されたロシア

1,995年になって、ファスティング療法は国からも認定され、ゴリヤツンスク診療所がロシアでのファスティング療法の中心クリニックになりました。

ゴリヤツンスク診療所の平均ファスティング期間は12日間。病歴の重い人ほど長くし、3週間以上のファスティングを実施した例もあったそうです。その結果は、精神病のみならず、リウマチ、2型糖尿病、内分泌疾患、関節炎などの病気で著しく効果があったそうです。

一般病院では満足な治療効果がなかった患者が、この診療所に来てファスティングすると、略すべての症例で改善効果があり、その件数は1万件以上ということです。

【参考】食物療法大全「食」による病気治しの考証 鶴見隆史著

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

ピックアップ記事

  1. ホウレン草の効能として特筆すべきは、胃腸を浄化・清掃し、それを再建・再生する強力な薬理作用を持ってい…
  2. 減塩商品が定着し、塩の摂り過ぎが高血圧の元凶であると、塩が悪者扱いされてから久しい。しかし、日本や海…
  3. 見直したい食の常識について、① 歯並びから観る人間に最も適した食物構成は?② 「旨い!」と感じるもの…
  4. にがりの主成分である塩化マグネシウム(Mgcl2)が体内のタンパク質やカルシムとくっつき、腎臓結石、…
  5. 病気を治そうとする反応が「食欲不振」と「発熱」ならば、病気の根本原因は、その反対の「食べ過ぎ」と「冷…
  6. ピーマンには、βーカロチン、ビタミンC、B1、B2も多く含まれ、夏バテ予防には格好の野菜。毛細血管を…
  7. 1食抜く方法は、普通は「朝食を抜く」というやり方が一番やりやすいが、本人の生活環境があるのだから、「…
ページ上部へ戻る