■現代西洋医学・西洋医療に欠けるもの

私たち人間の体は60兆個にも及ぶ細胞から成り立っています。そしてその細胞一つに一つに遺伝子があります。その細胞を形づくるのは、私たちが日頃摂る食べ物や飲み物からです。私たちの体の全細胞・全遺伝子は私たちが日頃摂る食べ物や飲み物から出来ています。

細胞レベルでの代謝不良があらゆる病気の根本原因です。病気には様々な病名がつけられており、色々な病名があり、色々な症状がありますが、原因はだた一つ『細胞レベルでの代謝不良』です。細胞レベルでの代謝に最も大きく影響するのが日頃の食生活の質やストレスです。

現代西洋医学・西洋医療は急速の進歩を遂げているにも関わらず、病気に悩まさせる人は増えるばかりです。現代西洋医学・西洋医療は確かに診断技術や外科手術には長けていますが、ガンなどの生活習慣病・慢性病・難病は残念ながら不得手とする分野だと言わざるを得ません。薬で症状を抑えても病気は進行するばかりです。

それは何故か?西洋医療は対症療法主体であり、病気を根から治す根源治療となっていないからです。殆どの病気は食源病です。この認識が欠落しているから、西洋医療でガンなどの生活習慣病・慢性病・難病を治癒できないのです。

■腐敗菌の増殖は食べ物が原因

食物そのものが悪かったり、食生活が悪かったりすると、細胞の入れ替えや再生がうまくいかず、消化器官は腐敗菌が繁殖して炎症を起こします。腸内で腐敗が起こると、脱炭酸、アンモニア(アミン類)が急速に増加します。消化器官で腐敗する理由は、大腸では1gで1兆個、小腸でも1㎠当たり1,000~10,000個のバクテリア(菌)が存在するからです。

そこに腐敗菌の餌(悪い食物)を与えると大繁殖するのです。そして、腐敗の時に発生するアミン類というアンモニア群がすべての病気のベースとなっています。胃炎も食道炎も、小腸炎症、胆管炎、膵炎、大腸全体の炎症もすべて、腐敗 → アンモニア(アミン類)から出現します。

■腐敗菌が転じたアミン類が全身的に悪さをする

腸で様々なアミン類というアンモニア群が出現する時、そのアミン類が猛毒なため、消化管が炎症したり、吸収して活性酸素をつくり全身的に悪さをします。アミン類には、インドール、スカトール、フェノール、プトレッシン、スペルミジン、ガダペリン、モノアミンその他があります。

【参考】食物療法大全「食」による病気治しの考証 鶴見隆史著

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

『カイテキオリゴ』

ピックアップ記事

  1. ホウレン草の効能として特筆すべきは、胃腸を浄化・清掃し、それを再建・再生する強力な薬理作用を持ってい…
  2. 減塩商品が定着し、塩の摂り過ぎが高血圧の元凶であると、塩が悪者扱いされてから久しい。しかし、日本や海…
  3. 見直したい食の常識について、① 歯並びから観る人間に最も適した食物構成は?② 「旨い!」と感じるもの…
  4. にがりの主成分である塩化マグネシウム(Mgcl2)が体内のタンパク質やカルシムとくっつき、腎臓結石、…
  5. 病気を治そうとする反応が「食欲不振」と「発熱」ならば、病気の根本原因は、その反対の「食べ過ぎ」と「冷…
  6. ピーマンには、βーカロチン、ビタミンC、B1、B2も多く含まれ、夏バテ予防には格好の野菜。毛細血管を…
  7. 1食抜く方法は、普通は「朝食を抜く」というやり方が一番やりやすいが、本人の生活環境があるのだから、「…
ページ上部へ戻る