ゲルソン療法(欧米では、ゲルソン療法でガンを治した患者は何千人もいると言われている)の一つの柱に、コーヒー浣腸がとり入れられています。「コーヒー浣腸を体力や食事量に合わせ、1日数回行い肝機能の回復と免疫力の向上を図る」のだそうです。

しかし、アメリカの酵素栄養学の権威 Dr.ママドゥや鶴見隆史先生(ガンの三大標準治療である抗ガン剤・手術・放射線を使わずガンなど難病を治癒する大先生)は決してコーヒー浣腸を薦めません。

コーヒー浣腸で大腸を洗浄しても便秘が治る訳ではなく、普通の排便が出来なくなります。腸内環境も悪化し、ビタミン、ミネラルのロスも非常に大きく、腸管の免疫力も大きく低下するからです。

以下、”食物療法大全「食」による病気治しの考証 鶴見隆史著”よりご紹介します。

■コーヒー浣腸など腸洗浄を薦めない理由

代替医療を実践している医師や治療家で、コーヒー浣腸その他による腸洗浄を薦める人がまだいます。しかし、コーヒー浣腸は体には絶対よくありません。私が腸洗浄を薦めない理由は次の通りです。

① 1日一定量しか産生されない酵素を大量に捨ててしまうのが浣腸である(特にコーヒー浣腸)。これは酵素阻害剤を摂取すること以上に酵素を失う。そのため寿命が大幅に短縮する。

② コーヒー浣腸で大腸を洗浄しても便秘が治る訳ではない。むしろ普通の排便が出来なくなる。

③ 大腸の腸内細菌叢が正常になる訳ではない。むしろ悪玉菌が増える。

④ 全身の細胞便秘(細胞にこびりついた宿便)がなくなる訳ではない。

⑤ 全身のビタミン、ミネラルのロスが凄まじい。

⑥ 腸は常に下痢状態と同様になる。このことはよい栄養吸収を阻害する。

⑦ 腸管免役の低下。全体の70%もある腸管の免疫力が大きく低下する。

アメリカの酵素栄養学の権威 Dr.ママドゥは、「コーヒー浣腸は長く続けると危険だ」とハッキリと警告しています。「やってもせいぜい2ヶ月に1回が限度で、それよりもファスティングの方が必要かつ効果的である」と述べています。

【ある大腸ガンの患者さんの例】
この患者さんは毎日のように腸洗浄を行っていました。腸をきれいにすれば、ガンは転移しないで済むと思っていました。しかし、手術の9ヶ月後、肺に陰影が写っていました。その後の検査で転移性肺ガンと判明しました。患者さんはそのフォローのため、私(鶴見隆史先生)のクリニックを受診しました。

その患者さんは、いくつかの療法(免疫療法など)で一旦は良くなりましたが、徐々に悪化し、その後入院してなくなりました。こういったコーヒー浣腸の失敗例は実は少なくありません。

ガンを患った人は、腸洗浄で却って免疫を低下させてしまう様です。便は食事の内容をよくすれば自然と正常に出るものです。その努力をせず、コーヒー洗浄で誤魔化してしまうのは良くないばかりか、特に大切な酵素を大量に捨てる訳だから、これは大きな問題です。

【出典】食物療法大全「食」による病気治しの考証 鶴見隆史著

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

カイテキオリゴ

ピックアップ記事

  1. イチジクは、中国では五痔(5種類の痔=切れ痔、脱腸、内痔核、外痔核、痔ろう)を治す薬として有名。多く…
  2. イチゴはビタミンC、鉄分を多く含み、貧血を改善し、皮膚を美しくして血色のよい顔色を作る。食物繊維のペ…
  3. アボカドは「生命の源」「森のバター」と言われるほどの高栄養食品。血中のコレステロール低下作用を持つ不…
  4. ピーナッツには、良質のタンパク質、動脈効果を予防する不飽和脂肪酸、ビタミンB群、E、アルツハイマー病…
  5. ゴマは稀に見るカルシウム資源であり、また、メチオニン、リジンなどのタンパク質が含まれ、その他のアミノ…
  6. クルミの実には脂肪、タンパク質、カルシウム、ブドウ糖、ビタミンB1、Eなどが含まれ、栄養価が高い。ク…
  7. ギンナンは生きた化石の木の実であり、生命力が旺盛。ギンナンに含まれる青酸配糖体が、咳や喘ぎを静めて痰…
ページ上部へ戻る