タバコの中には300種類以上の炎症を起こす猛毒が入っています。タバコを吸うと、その毒素を処理するために、白血球の好中球が出現し、その毒素を食べまくりエラスターゼという酵素を産出します。


【出典】http://funakoshi-naika.com より

このエラスターゼという酵素が出た時は、肺の繊維性タンパク質のエラスタチンを産生し、肺気腫になっていきます。また、好中球の死骸からは活性酸素が生じます。

タバコの病気へのリスクというのは、直接煙を吸引する肺が機能低下したり、血流を阻害するだけでなく、一番大きなリスクは酵素の活性を阻害することにあるのです。

【出典】食物療法大全「食」による病気治しの考証 鶴見隆史著

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

『カイテキオリゴ』

ピックアップ記事

  1. イチジクは、中国では五痔(5種類の痔=切れ痔、脱腸、内痔核、外痔核、痔ろう)を治す薬として有名。多く…
  2. イチゴはビタミンC、鉄分を多く含み、貧血を改善し、皮膚を美しくして血色のよい顔色を作る。食物繊維のペ…
  3. アボカドは「生命の源」「森のバター」と言われるほどの高栄養食品。血中のコレステロール低下作用を持つ不…
  4. ピーナッツには、良質のタンパク質、動脈効果を予防する不飽和脂肪酸、ビタミンB群、E、アルツハイマー病…
  5. ゴマは稀に見るカルシウム資源であり、また、メチオニン、リジンなどのタンパク質が含まれ、その他のアミノ…
  6. クルミの実には脂肪、タンパク質、カルシウム、ブドウ糖、ビタミンB1、Eなどが含まれ、栄養価が高い。ク…
  7. ギンナンは生きた化石の木の実であり、生命力が旺盛。ギンナンに含まれる青酸配糖体が、咳や喘ぎを静めて痰…
ページ上部へ戻る