玄米食の利点と欠点⑪|酵素阻害剤は何故人間や動物にとって毒なのか

酵素阻害剤があるからこそ種は永久的に保存されるのですが、酵素阻害作用を解除しないまま食べると毒になるのは間違いありません。

特に膵臓ガンをはじめ多くのガン、あるいは難病に罹患してしまいます。それぐらい酵素阻害剤のABAは毒性がつよい物質です。

種は体内に入ると基質(タンパク質、脂質、炭水化物)のフリをして酵素にからみついて、酵素をがんじがらめにして失活させるのです。

では、人間や動物は、何故酵素が阻害されると病気になるのでしょうか。逆に言えば、人間や動物は酵素がなければ生きられないということです。

人間も動物も生まれた時に無数の酵素が体内に存在しています。しかし、この酵素は徐々に減っていきます。それが半減した時、死を迎えます。

最近の寿命説で最も信憑性があるのは「酵素寿命説」です。人間や動物の寿命は、体内にどれだけ酵素が残っているかということです。

人間の体の中では、細胞の核の中にあるDNAで酵素が毎日生産されています。しかし、加齢とともに時間の経過とともに生産量は少しずつ減ってきます。その結果、代謝が弱まり(活力がなくなり)、結果として病気になり、やがて死を迎えます。

つまり、酵素は人間や動物の生命活動や生死に直結しており、その働きを阻害する物質の存在は病気産生の元となる訳です。酵素が減ってきたり、酵素の働きが阻害されれば、病気→短命化となるのは当然なのです。

【出典】食物療法大全「食」による病気治しの考証 鶴見隆史著

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

ピックアップ記事

  1. ホウレン草の効能として特筆すべきは、胃腸を浄化・清掃し、それを再建・再生する強力な薬理作用を持ってい…
  2. 減塩商品が定着し、塩の摂り過ぎが高血圧の元凶であると、塩が悪者扱いされてから久しい。しかし、日本や海…
  3. 見直したい食の常識について、① 歯並びから観る人間に最も適した食物構成は?② 「旨い!」と感じるもの…
  4. にがりの主成分である塩化マグネシウム(Mgcl2)が体内のタンパク質やカルシムとくっつき、腎臓結石、…
  5. 病気を治そうとする反応が「食欲不振」と「発熱」ならば、病気の根本原因は、その反対の「食べ過ぎ」と「冷…
  6. ピーマンには、βーカロチン、ビタミンC、B1、B2も多く含まれ、夏バテ予防には格好の野菜。毛細血管を…
  7. 1食抜く方法は、普通は「朝食を抜く」というやり方が一番やりやすいが、本人の生活環境があるのだから、「…
ページ上部へ戻る