玄米食の利点と欠点⑩|玄米焙煎粉について

玄米の欠点を解消し、かつ多くの利点を活かして、薬効食品として活用する方法があります。それは、よくないとされる玄米の粉を独特の方法により焙煎したもので、古くは「玄神」「黒焼き」と呼ばれ、現代では「玄米焙煎粉」と呼ばれているものです。


ブラックジンガー 玄米香琲徳用 120g


リブレフラワー(ブラウン) 500g

玄米そのものにはアブシジン酸などの毒がありますが、焙煎することによってこれらの毒は消えると同時に抗酸化な物質に変わっていきます。

すると、毒素吸着、抗菌効果、遠赤外線効果、ミネラルやフィチン酸などの効果が期待でき、薬効食品として大変優れたものになります。

これはしかし、独得の製法があって、誰でも簡単に製造できるものではないようです。

【出典】食物療法大全「食」による病気治しの考証 鶴見隆史著

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

『カイテキオリゴ』

ピックアップ記事

  1. イチジクは、中国では五痔(5種類の痔=切れ痔、脱腸、内痔核、外痔核、痔ろう)を治す薬として有名。多く…
  2. イチゴはビタミンC、鉄分を多く含み、貧血を改善し、皮膚を美しくして血色のよい顔色を作る。食物繊維のペ…
  3. アボカドは「生命の源」「森のバター」と言われるほどの高栄養食品。血中のコレステロール低下作用を持つ不…
  4. ピーナッツには、良質のタンパク質、動脈効果を予防する不飽和脂肪酸、ビタミンB群、E、アルツハイマー病…
  5. ゴマは稀に見るカルシウム資源であり、また、メチオニン、リジンなどのタンパク質が含まれ、その他のアミノ…
  6. クルミの実には脂肪、タンパク質、カルシウム、ブドウ糖、ビタミンB1、Eなどが含まれ、栄養価が高い。ク…
  7. ギンナンは生きた化石の木の実であり、生命力が旺盛。ギンナンに含まれる青酸配糖体が、咳や喘ぎを静めて痰…
ページ上部へ戻る