慢性病の増加は食事の変化が主原因

戦後の食生活の大変化によって、一体何が起きたのでしょうか?まず第一に指摘しなければならないのは「慢性病の増加」です。戦後になり、殆どの病気の罹患率は高くなり、ガンの死亡率も幾つかのものを除いてずっと増え続けています。

病院も増え、医師も増えているのに、病気は少なくならず、減りに減った結核が再び増加し始めています。こういった現象がまさしく食事の大変貌と関係があるのは、誰の目にも明らかだと思われます。

欧米人がよく罹患する病気にアフリカ人がならないのは食物繊維の摂取量が多いことを発見したイギリスのトロウェル博士は、アフリカの病気の増加について報告しています。アフリカ人は、今は全世界のどこでも見られるこのような病気に1,960年までは罹患しなかったそうです。

また、欧米人がアフリカを侵略して後、圧倒的にこれらの病気が増加していきました。食物が病気の原因であることが、この報告でも明らかです。

【出典】食物療法大全「食」による病気治しの考証 鶴見隆史著

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

カイテキオリゴ

ピックアップ記事

  1. 「シュガーブルース」は、著者ダフティが自分自身の体験から、砂糖のとり過ぎ・中毒によって引き起こされる…
  2. 朝食を抜いて一日二食に慣れてきたら、次は一日一食にチャレンジしよう。但し、急いではダメ!頭では考ええ…
  3. 一日二食になったら、食事の質を変えていくことを始めよう。肉食を控えて、徐々に野菜中心の食事にしていく…
  4. いきなり朝食を抜くとイライラする場合は、まず、朝食を果物のみに置き換えることがお薦め。午前中は体のリ…
  5. 食事の回数を減らす場合、一番理想的なのは朝食を止めて一日二食にすること。午前4時から午前12時までは…
  6. 一日三食に加えて、おやつ・夜食を摂っていたら、消化しなければならない食物が常に胃袋に詰まった状態にな…
  7. 一日一食や断食などの少食を習慣化すると、若々しく健康に病気知らずとなるのは、カロリー制限によってサー…
ページ上部へ戻る