慢性病の増加は食事の変化が主原因

戦後の食生活の大変化によって、一体何が起きたのでしょうか?まず第一に指摘しなければならないのは「慢性病の増加」です。戦後になり、殆どの病気の罹患率は高くなり、ガンの死亡率も幾つかのものを除いてずっと増え続けています。

病院も増え、医師も増えているのに、病気は少なくならず、減りに減った結核が再び増加し始めています。こういった現象がまさしく食事の大変貌と関係があるのは、誰の目にも明らかだと思われます。

欧米人がよく罹患する病気にアフリカ人がならないのは食物繊維の摂取量が多いことを発見したイギリスのトロウェル博士は、アフリカの病気の増加について報告しています。アフリカ人は、今は全世界のどこでも見られるこのような病気に1,960年までは罹患しなかったそうです。

また、欧米人がアフリカを侵略して後、圧倒的にこれらの病気が増加していきました。食物が病気の原因であることが、この報告でも明らかです。

【出典】食物療法大全「食」による病気治しの考証 鶴見隆史著

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

ピックアップ記事

  1. 海藻は、ヨードなど、海水ミネラルの宝庫。ビタミン類は、ビタミンA、B群(B1、B2、B6)、C、Eな…
  2. 良い塩は有機物がなく、かつミネラルが豊富な塩であり、悪い塩は「精製塩(塩化ナトリウムのみの塩)」と「…
  3. 昔から山芋を食べると精がつくといわれているが、これはジアスターゼ、アミラーゼ、カタラーゼ、グルコシダ…
  4. 食塩、食卓塩とは何なのか、塩の分類、現在主流となっているイオン交換膜製塩法について、まとめました。…
  5. ジャガイモにはビタミンB群やC、パントテン酸、カリウム、イオウ、リン、塩素などのビタミン、ミネラルが…
  6. 私たちの生命活動に酵素は不可欠だが、その酵素はビタミンやミネラルが不足していると活性化されない。私た…
  7. 里芋にはデンプンが多く含まれ、そのエネルギー化を助けるビタミンB1、脂肪の燃焼を助けるビタミンB2の…
ページ上部へ戻る