小麦粉も精製・漂白しないもの(全粒粉)を使おう

私たちは暮らしの中で、小麦に随分お世話になっています。パンの原料として大切なのは勿論ですが、他にもスパゲッティ、マカロニ、うどん、そうめん、麩や植物性の肉グルテンミートなどが小麦から作られます。

薄力粉、強力粉の区別もご存知でしょう。料理や菓子に使う薄力粉(軟質)よりもタンパク質が多い強力粉(硬質)は、パンの製造やマカロニなどに利用され、用途によって使い分けられます。うどんは薄力粉か、薄力と強力の中間の中力粉を使います。


小麦のタンパク質は主にグリアジンとグルテリンで、これらをまとめてグルテンと呼びます。これをまた麩質ともいい、麩質で作った食品が麩です。麩には生麩と焼麩の二種類がありますが、小麦粉の中のタンパク質ですから、消化吸収がよく、栄養価値が高いのです。

グルテンは、加水分解するとグルタミン酸となり、これは頭をよくする成分として知られています。頭脳は他の組織と比べてグルタミン酸の含有量が多く、その特別の熱量源として消耗されるものといわれ、また、脳や神経の機能に必要なアセチルコリンの生産にも関わってくるからです。

以前には、このグルタミン酸を化学的に合成した調味料の味の素が頭をよくするといわれ、沢山なめて逆にノイローゼになってしまった高校生や中学生がありましたが、人工的に合成した化学物質は、化学的な構造式が同じでも、いのちある自然の食物とは全く違ったものなのです。それに比べて、生麩や焼麩の方がどれほど頭脳にプラスになることでしょう。

この麩も、漂白したり色付けしたりしていないものを選ぶことが大切です。

マカロニやパンも、このグルテン質の多い強力粉が使われますが、精白度が高く、一見上等品に見えるものほど栄養価は低くなっているので、献立には十分に副食を加え、ゴマ、緑黄野菜、ニンジンやゴボウなど根の野菜をとり入れて、ビタミン、ミネラルを補うようにしないと、バランスを崩すことになります。

パンでも、真っ白なものより、ライ麦、ふすま入りの玄米、ソバ、胚芽などの混入されたものの方が遥かに健康的なのです。せっかく手作りの酵母パンを作るのに、わざわざ真っ白い粉で作っている人が多いようですが、ふすま入りの内容のよい黒パンを作った方が、健康にもよく、味もコクがあって美味しいものです。

【出典】「薬草の自然療法」難病も自然療法と食養生で治そう 東城 百合子著

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

『カイテキオリゴ』

ピックアップ記事

  1. ビタミンAやビタミンDなどは、過剰にとり過ぎると毒性を発揮する。ビタミンCも沢山とり過ぎると、尿路結…
  2. 大豆発酵食品(生味噌、納豆)は、日本人の健康に欠かせない超優良食品です。日本古来の伝統的な大豆発酵食…
  3. ニシンは『本朝食鑑』によると、「腸を助け、陰を補い、腹中を温め、気を健やかにする」とあり、「胃腸の働…
  4. タラは脂肪含有量は極端に少なく、低カロリーのあっさりした味なので、肥満や生活習慣病で悩んでいる方のタ…
  5. 牛乳は非常に良いカルシウム源だから、骨を丈夫にするために牛乳を沢山飲みなさいと言われます。しかし、牛…
  6. ドジョウの脂質は白身魚程度で含有量は少なく、タンパク質、ビタミンA、B1、B2、Dが多く含まれている…
  7. タイはタウリンを大量に含んでおり、① 胆石生成の抑制、② 強肝作用、③ 血中コレステロールの低下、④…
ページ上部へ戻る