WHOが大規模調査で裏付けているにも拘らず、2,000年過ぎても「食物繊維は大腸ガンのリスク軽減には関係がない」という欧米の疫学調査が相次いだのには驚くばかりです。

しかし、WHOの「国際ガン研究機関」による大規模調査で、やはり「食物繊維を多く摂る人ほど大腸ガンになりにくい」ことがわかったのです。この大規模調査は、1,992年~1,998年にかけ、イギリス、フランスなど欧州8ヶ国で約52万人(25~70歳)を対象に行われ、この期間中1,065人が大腸ガンになりました。

食物繊維の摂取量別に5群に分け、

a: 最多の1日当たり平均摂取量は31.9g
b: 最小の12.6g

を比べると、a群では大腸ガンになる率がb群に比べて25%も低く、他の3群でも6~24%低かった。つまり、食物繊維は大腸ガンには有効だったのです。


【出典】http://www.kunichika-naika.com/ より

1,980年代には「食物繊維は大腸ガンとは無関係」という研究発表がありました。T・コリン・キャンベル教授の著書によると、発表者は「食物繊維の中に抗ガン物質が存在しているか?」と、食物繊維の分析を行ったそうです。食物繊維を分析したところで当然抗ガン物質はあるはずもなく、それで無効にし「大腸ガン予防にはならない」と結論付けたそうです。

食物繊維にガン予防効果があるのは、食物繊維そのものが大便という毒の吸着素であって、大便を多く出したり腸内細菌を善玉菌にしたりするから良いのです。

西洋医療の分析一辺倒の学者は、何でも分析しないと気が済まないようで、食物繊維の薬効成分を分析して探す方がどうかしていると言えましょう。

【出典】食物療法大全「食」による病気治しの考証 鶴見隆史著

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

ピックアップ記事

  1. 大豆油、菜種油、ゴマ油、紅花油、オリーブ油、コーン油などの薬効について簡単にまとめた。植物油は、すべ…
  2. 梅干しには極端な食べ物(肉など極陽性の食べ物やアルコールなど極陰性の飲み物・食べ物)の害を中和する働…
  3. 米酢などの醸造酢に含まれる酢酸などの有機酸は、食欲増進作用を持ち、疲労物質の乳酸を分解し、疲労回復効…
  4. 「土用シジミは腹薬」「シジミの味噌汁は肝臓によい」「シジミは黄疸に効く」の根拠として、① タウリンを…
  5. フグの肉は脂の少ない白身で、グルタミン酸、イノシン酸を多く含むので、淡白な旨味があり、しかもタウリン…
  6. ハモはウナギやアナゴ同様、ビタミンAの含有量が抜群に多く、夏バテ予防には最適。…
  7. スズキは白身の魚だが、脂の溜まりやすい肉質のため、ビタミンAが180IU、ビタミンDが290IUと脂…
ページ上部へ戻る