生味噌は健康サポーター、酵素の力を生かす食べ方は?

味噌、特に生の味噌は健康保持に大変有効な食材です。スティック野菜に付けて食べるか、冷や味噌汁(またはぬるま湯味噌汁)にして飲んだりすると良いでしょう。

味噌にも様々なものがありますが、私が特に評価しているのは岡田発酵工房の味噌です。安政2年(1,856年)に作られた味噌蔵の菌を今も使っているのです。「重要無形文化財」に指定されているため、通常は年に1度行われる保健所の監査も免除されています。

この鍛え抜かれた菌の味噌は最高のプロバイオティクスなのです。発酵菌が胃で死なずに腸へ行き、腸の中で善玉菌として大繁殖します。この160年生き続けた菌を使って、2~3年しっかり発酵させた味噌はいつまで経ってもカビが発生しません。味噌にある乳酸菌がいかに強い菌であるかを物語っています。そして、その旨さは、”究極の味味噌”です。このような良い味噌はドレッシングにも最高です。


a. ぬるま湯味噌汁の作り方

(1) 生味噌を用意
(2) 切った野菜を鍋に入れ、ぐつぐつ煮る
(3) (2)が煮えたら氷を入れ、75℃になったら(1)の味噌を入れて溶く

生味噌の発行を何として生かしたいので、この作り方となる。

b. ドレッシングの作り方

(1) よい味噌(生味噌)
(2) フラックス油またはエゴマ油
(3) 黒酢またはもろみ酢

(1)~(3)を混ぜ合わせる。夫々の量は適宜好みで。

【出典】食物療法大全「食」による病気治しの考証 鶴見隆史著

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

ピックアップ記事

  1. Oリング・テストは誰でも簡単にすぐその場で、健康に良いものか、悪いものかを判断できる方法である。健康…
  2. デトックスやダイエットに効果的なハーブ(アンティチョーク、エルダーフラワー、オレガノ、カモミール、ジ…
  3. 煙草やお酒を吸ったり飲んだりすると毛細血管が収縮し、水分の供給がスムーズにいかなくなる。細胞に栄養は…
  4. 今は食品添加物に無関係ではおられない私たちの食生活...。でもやっぱし添加物の危険性は避けたいです。…
  5. 塩も味噌も醤油も日本人の健康には欠かせない食品。現代西洋医学や栄養学は塩分を敵視するが、体の要求に応…
  6. 大豆油、菜種油、ゴマ油、紅花油、オリーブ油、コーン油などの薬効について簡単にまとめた。植物油は、すべ…
  7. 梅干しには極端な食べ物(肉など極陽性の食べ物やアルコールなど極陰性の飲み物・食べ物)の害を中和する働…
ページ上部へ戻る