■毎秒1,000万個の細胞が新陳代謝

私たちの体は、およそ100兆個の細胞で出来ています。そして、体内では、毎秒1,000万個の古くなった細胞が崩壊し、代わりに新しい細胞が生まれています。その新陳代謝のプロセスで、酵素が働かずに進む作業は一つもありません。

反対に、酵素は細胞の中から産まれてきます。正確に言うと、細胞の核にあるDNAからです。すべての細胞の中心には細胞核があり、遺伝情報を伝える二重らせんのDNAを格納しています。このDNAは、よく「タンパク質の設計図」と言われていますが、もっと重要なのが「酵素をつくる働き」です。

酵素の研究は、1,883年のジアスターゼ(アミラーゼ)から始まりました。ところが、20世紀に入ってすぐ、「酵素はタンパク質で出来ている」「したがって、タンパク質を摂れば酵素も補給出来る」という間違った説が広がり、ずっと定着してしまいました。酵素は、タンパク質とは全く異なる物質なのに、活動するためにまとっている”タンパク質の殻”と同一視されてしまったのです。

1,980年代に入って、エドワード・ハウエル博士のの研究が酵素に脚光を当てるまで、酵素は栄養学の中で二次的、補助的な存在と見做されました。ハウエル博士は、「酵素=タンパク質」とされたことで、酵素栄養学は50年遅れてしまったと述べています。


■酵素が起こす反応こそ生命活動の根源

よく「ミクロの世界」と言いますが、酵素の世界は、ミクロよりもさらに1,000倍も小さい、ナノメートル単位です。1個の酵素の大きさは、凡そ5~20ナノメートル。20世紀の初頭では、その小ささゆえに、タンパク質と区別できず、間違った説がはびこることになったとも言えるでしょう。

酵素には、一つの酵素が一つの化学反応を受け持つ「基質特異性」というものがあります。それはどういうことかと言うと、酵素は種類ごとに、分解または合成する物質(基質)がうまく入り込むような”鍵穴”を持っているのです。

酵素は、この鍵穴にピッタリとあてはまる特定の物質をつかまえ、素早く化学反応を起こします。この反応は、1分間に100回から100万回という高速で繰り返されています。この働きがなければ、私たちの生命活動はたちまちストップします。正に、酵素が起こす反応こそ生命活動の根源なのです。

酵素は、温度が概ね48℃以上になると失活してしまいます。その理由は、酵素の形が微妙に歪むために、鍵穴にピッタリと基質がはまり込めなくなるからです。酵素は、タンパク質という殻に包まれ、体内のあらゆる活動に触媒としてかかわる「生命体」のような存在だと言えます。

【出典】患者とのためのがんが消える補完代替医療 林田 学、鶴見 隆史共著

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

『カイテキオリゴ』

ピックアップ記事

  1. 食べ過ぎは万病の元。食べ過ぎによる病気予防に、朝食を1~2杯の生姜紅茶に置き換えてみることがお薦め。…
  2. セロリはビタミンA、B1、Cの他、赤血球の栄養となるマグネシウムや鉄を多く含むので、貧血の改善、美肌…
  3. 生活習慣病は西洋医療が非常に不得手とする病気だが、食養生では根治が可能。石原結實先生の少食健康法の実…
  4. 生姜は、私たちが使う医療用漢方薬約150種のうち約70%に含まれており、「生姜なしに漢方は成り立たな…
  5. 石原式基本食は、朝は生姜紅茶か人参・リンゴジュース、昼食はソバ、ネギや七味唐辛子を存分にふって、夜は…
  6. シソはβーカロチン、ビタミンB1、B2、C、鉄、カルシウム、リンなどのミネラル、クロロフィルなどを多…
  7. 自由摂食動物に比べ、60%(腹六分)にカロリーを抑えた「少食」動物は、食事制限により、加齢病の原因と…
ページ上部へ戻る