ガンに至る病気の第5段階/7段階、潰瘍

長期間の毒素の攻撃によって炎症を起こしていた細胞や組織が「潰瘍」を形成し、膿を持ってただれ、ひどい痛みを伴い、大量の細胞や組織が破壊され、患部に穴が開いたりします。

口囲潰瘍、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などがその典型です。体は毒素を取り除くために、排出口として潰瘍を利用しているのです。

この段階になってさえ、食事やライフスタイルが改善されないと、体は開いている傷口を塞ぐステージへと進展していきます。

【出典】「50代からの超健康革命」松田麻美子著

i-kaiyou02
・http://www.ebm.jp/disease/digestive/02ikaiyo/guide.html より

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

『カイテキオリゴ』

ピックアップ記事

  1. 海藻は、ヨードなど、海水ミネラルの宝庫。ビタミン類は、ビタミンA、B群(B1、B2、B6)、C、Eな…
  2. 良い塩は有機物がなく、かつミネラルが豊富な塩であり、悪い塩は「精製塩(塩化ナトリウムのみの塩)」と「…
  3. 昔から山芋を食べると精がつくといわれているが、これはジアスターゼ、アミラーゼ、カタラーゼ、グルコシダ…
  4. 食塩、食卓塩とは何なのか、塩の分類、現在主流となっているイオン交換膜製塩法について、まとめました。…
  5. ジャガイモにはビタミンB群やC、パントテン酸、カリウム、イオウ、リン、塩素などのビタミン、ミネラルが…
  6. 私たちの生命活動に酵素は不可欠だが、その酵素はビタミンやミネラルが不足していると活性化されない。私た…
  7. 里芋にはデンプンが多く含まれ、そのエネルギー化を助けるビタミンB1、脂肪の燃焼を助けるビタミンB2の…
ページ上部へ戻る