ガンに至る病気の第5段階/7段階、潰瘍

長期間の毒素の攻撃によって炎症を起こしていた細胞や組織が「潰瘍」を形成し、膿を持ってただれ、ひどい痛みを伴い、大量の細胞や組織が破壊され、患部に穴が開いたりします。

口囲潰瘍、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などがその典型です。体は毒素を取り除くために、排出口として潰瘍を利用しているのです。

この段階になってさえ、食事やライフスタイルが改善されないと、体は開いている傷口を塞ぐステージへと進展していきます。

【出典】「50代からの超健康革命」松田麻美子著

i-kaiyou02
・http://www.ebm.jp/disease/digestive/02ikaiyo/guide.html より

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

カイテキオリゴ

ピックアップ記事

  1. 糖化とは「変性タンパク質」のこと。タンパク質と糖質が結び付き、タンパク質が劣化すること。糖化物質や体…
  2. 「主食白米 + おかずの食材30品目をまんべんなく」はカロリーの摂り過ぎであり、繊維・酵素・ファイト…
  3. 頭も胃も腸も腎臓も肝臓も、すべて起床してから3時間後に活動を始めるから、朝をしっかり摂ると消化不良に…
  4. 朝食重視は昭和30年以降根付いたが、酵素の大きな無駄遣いとなり消化不良となる。食べるなら、消化がよく…
  5. 過食すると、腸管に腐敗菌が急増し、それは胃と腸で死なないで腸管から血中に入り込み、血漿中で栄養分を増…
  6. 生きていくのに必要最低限量以上の食物を体の中に入れた場合、これが老廃物、余剰物となり、病源菌がはびこ…
  7. 「食欲」という本能は人間を支配する誘惑であり落とし穴である。旨い物、食べ過ぎ、食事の質の悪さは、血液…
ページ上部へ戻る