ガンに至る病気の第5段階/7段階、潰瘍

長期間の毒素の攻撃によって炎症を起こしていた細胞や組織が「潰瘍」を形成し、膿を持ってただれ、ひどい痛みを伴い、大量の細胞や組織が破壊され、患部に穴が開いたりします。

口囲潰瘍、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などがその典型です。体は毒素を取り除くために、排出口として潰瘍を利用しているのです。

この段階になってさえ、食事やライフスタイルが改善されないと、体は開いている傷口を塞ぐステージへと進展していきます。

【出典】「50代からの超健康革命」松田麻美子著

i-kaiyou02
・http://www.ebm.jp/disease/digestive/02ikaiyo/guide.html より

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

カイテキオリゴ

ピックアップ記事

  1. 「シュガーブルース」は、著者ダフティが自分自身の体験から、砂糖のとり過ぎ・中毒によって引き起こされる…
  2. 朝食を抜いて一日二食に慣れてきたら、次は一日一食にチャレンジしよう。但し、急いではダメ!頭では考ええ…
  3. 一日二食になったら、食事の質を変えていくことを始めよう。肉食を控えて、徐々に野菜中心の食事にしていく…
  4. いきなり朝食を抜くとイライラする場合は、まず、朝食を果物のみに置き換えることがお薦め。午前中は体のリ…
  5. 食事の回数を減らす場合、一番理想的なのは朝食を止めて一日二食にすること。午前4時から午前12時までは…
  6. 一日三食に加えて、おやつ・夜食を摂っていたら、消化しなければならない食物が常に胃袋に詰まった状態にな…
  7. 一日一食や断食などの少食を習慣化すると、若々しく健康に病気知らずとなるのは、カロリー制限によってサー…
ページ上部へ戻る