泌尿器科系の病気に効く薬草・野草|ヨメナ

ヨメナは、懐かしい春の香りのする野草で、あの可憐な野菊はこの葉から育ちます。まだ春の浅い頃、柔らかい新芽を摘んでおひたしや胡麻和え、ピーナッツ和え、汁の実にするととても美味しく、野趣豊かで忘れられない味で、生気が蘇ってくるようです。

ヨメナご飯も春の絶品です。塩をひとつまみ入れたお湯で茹でてアクをとり、しぼって細かく刻んで、塩味をつけて炊いたご飯に振り込んで蒸らします。白ゴマを振りかけて頂く味はまた格別です。美味しいだけでなく、色彩のコントラストも春らしく美しいものです。


【出典】http://harunonappa.blog74.fc2.com/

ヨメナはくせがなくて、小松菜等の栽培野菜よりもビタミン、ミネラルが多く、これ等よりも美味しいのです。

■ヨメナの薬効

1. 膀胱炎、利尿
生の青汁を一日2杯位飲むか、全草20gを煎じて飲みます。

2. 淋病、腫れもの
全草15gを煎じて飲みます。その他、毒虫に刺されたときなども、生草の搾り汁をつけると効きます。

【出典】「薬草の自然療法」難病も自然療法と食養生で治そう 東城 百合子著

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

ピックアップ記事

  1. ホウレン草の効能として特筆すべきは、胃腸を浄化・清掃し、それを再建・再生する強力な薬理作用を持ってい…
  2. 減塩商品が定着し、塩の摂り過ぎが高血圧の元凶であると、塩が悪者扱いされてから久しい。しかし、日本や海…
  3. 見直したい食の常識について、① 歯並びから観る人間に最も適した食物構成は?② 「旨い!」と感じるもの…
  4. にがりの主成分である塩化マグネシウム(Mgcl2)が体内のタンパク質やカルシムとくっつき、腎臓結石、…
  5. 病気を治そうとする反応が「食欲不振」と「発熱」ならば、病気の根本原因は、その反対の「食べ過ぎ」と「冷…
  6. ピーマンには、βーカロチン、ビタミンC、B1、B2も多く含まれ、夏バテ予防には格好の野菜。毛細血管を…
  7. 1食抜く方法は、普通は「朝食を抜く」というやり方が一番やりやすいが、本人の生活環境があるのだから、「…
ページ上部へ戻る