泌尿器科系の病気に効く薬草・野草|ヨメナ

ヨメナは、懐かしい春の香りのする野草で、あの可憐な野菊はこの葉から育ちます。まだ春の浅い頃、柔らかい新芽を摘んでおひたしや胡麻和え、ピーナッツ和え、汁の実にするととても美味しく、野趣豊かで忘れられない味で、生気が蘇ってくるようです。

ヨメナご飯も春の絶品です。塩をひとつまみ入れたお湯で茹でてアクをとり、しぼって細かく刻んで、塩味をつけて炊いたご飯に振り込んで蒸らします。白ゴマを振りかけて頂く味はまた格別です。美味しいだけでなく、色彩のコントラストも春らしく美しいものです。


【出典】http://harunonappa.blog74.fc2.com/

ヨメナはくせがなくて、小松菜等の栽培野菜よりもビタミン、ミネラルが多く、これ等よりも美味しいのです。

■ヨメナの薬効

1. 膀胱炎、利尿
生の青汁を一日2杯位飲むか、全草20gを煎じて飲みます。

2. 淋病、腫れもの
全草15gを煎じて飲みます。その他、毒虫に刺されたときなども、生草の搾り汁をつけると効きます。

【出典】「薬草の自然療法」難病も自然療法と食養生で治そう 東城 百合子著

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

『カイテキオリゴ』

ピックアップ記事

  1. サケの肉100g中にタンパク質21g、脂肪8.4gが含まれており、タンパク質の吸収をよくするビタミン…
  2. コイはタンパク質や脂肪をはじめ、ビタミンA、B1、B2、カルシウム、鉄などのミネラルを豊富に含む。ま…
  3. カレイ100g中にタンパク質は19gと多く、脂質は2.2gと少なく、淡白な味で高タンパク・低カロリー…
  4. カツオは脂肪の含有量が少なく、タンパク質の含有量は獣肉以上、しかも脂肪酸は中性脂肪やコレステロールを…
  5. 加熱調理すると、その食品に含まれる酵素が喪失しビタミンやミネラルの自然のバランスが失われてしまうため…
  6. ウナギには、内臓、皮膚、眼、粘膜などを強化し、免疫力を旺盛にしてくれるビタミンAやレチノールは、イワ…
  7. 酵素(エンザイム)は、私たちが生きていく上で、非常に重要な役割を果たしているのです。酵素(エンザイム…
ページ上部へ戻る