泌尿器科系の病気に効く薬草・野草|ヨメナ

ヨメナは、懐かしい春の香りのする野草で、あの可憐な野菊はこの葉から育ちます。まだ春の浅い頃、柔らかい新芽を摘んでおひたしや胡麻和え、ピーナッツ和え、汁の実にするととても美味しく、野趣豊かで忘れられない味で、生気が蘇ってくるようです。

ヨメナご飯も春の絶品です。塩をひとつまみ入れたお湯で茹でてアクをとり、しぼって細かく刻んで、塩味をつけて炊いたご飯に振り込んで蒸らします。白ゴマを振りかけて頂く味はまた格別です。美味しいだけでなく、色彩のコントラストも春らしく美しいものです。


【出典】http://harunonappa.blog74.fc2.com/

ヨメナはくせがなくて、小松菜等の栽培野菜よりもビタミン、ミネラルが多く、これ等よりも美味しいのです。

■ヨメナの薬効

1. 膀胱炎、利尿
生の青汁を一日2杯位飲むか、全草20gを煎じて飲みます。

2. 淋病、腫れもの
全草15gを煎じて飲みます。その他、毒虫に刺されたときなども、生草の搾り汁をつけると効きます。

【出典】「薬草の自然療法」難病も自然療法と食養生で治そう 東城 百合子著

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

ピックアップ記事

  1. 放射線はごく低線量(微量)であれば、決して毒ではなく、却って生命力を高めてくれる。低放射線が体内で分…
  2. 発酵食品(味噌、醤油、納豆、酢など、昔から東洋の人間が食べてきた発酵食品)の積極的な摂取は、すぐさま…
  3. 最も重要なのは食事など生活習慣の改善。生野菜やフルーツの摂取を増やし、肉や乳製品に代表される動物性タ…
  4. 血液は10日以内、腸内環境が半月から2ヶ月位、全身の細胞が2~4ヶ月位でクリーニング出来る。自然治癒…
  5. 断食が進み糖新生の段階に入ると、体は脂肪を分化して出来たケトン体をエネルギーとするようになる。断食が…
  6. 腸こそが、病気退治、ガン治しの根本だが、実は、その大事なはずの腸の病気が激増中。慢性の腸疾患が急増し…
  7. 悪玉菌による腸内の腐敗は、間違った食事と強いストレス、生活習慣の乱れ、喫煙の習慣などから始まり、血液…
ページ上部へ戻る