泌尿器科系の病気に効く薬草・野草|彼岸花

曼殊沙華とも呼ばれ、ひと昔前の中央線の車窓などから、秋の彼岸の頃ともなれば、畦道や道端の近くに紅く燃えるような彼岸花の群落が見られたものですが、宅地の造成などでその姿もめっきり少なくなりました。

優れた薬効があるのは地下の鱗茎ですが、毒草でもあるので、絶対に口にはしないで下さい。この根が湿布薬としてよく効くのです。花が終わると芽が生えて、青々とした葉が出ます。


■ヒガンバナの薬効

1. 助膜炎、腎臓病、脚気、リウマチ
関節に水が溜まるなどのような病気に、目覚ましい薬効があります。中国ではこの球根を石蒜(セキサン)と言い、去痰・催吐剤としています。また、有毒成分を利用して、アメーバ赤痢や肺ジストマの注射液、小児麻痺後遺症の治療薬がつくられています。

しかし、民間では外用以外使用しません。同じように、水仙、ナツズイセン、キツネノカミソリ、天南星なども外用として薬効があります。これらは、患部にすりおろして小麦粉をつなぎにして貼ると共に、足の裏にも貼るとよく効きます。

2. 乳腺炎、捻挫
根をするおろし、酒少量を加えて布、または紙に延ばして貼ります。

3. 肩凝り、助膜炎、腎臓病、腹膜炎
生姜少々をすりおろし、この根のすりおろしたものと混ぜ、紙に厚めに延ばして両足の裏(土踏まず)に貼ります。これを一日2~3回取り替えます。これと同時に、ニワトコ、ハブ茶、トウモロコシ20gを煎じたものを飲むと一層効果が早まります。

4. 腫れもの、しらくも
根をよくすり潰し、これを布に延ばしてはると効果的です。

5. リウマチ、神経痛
ヒガンバナの根とヒマの種(ひまし油のもとで漢方薬局にある)をすり鉢で潰して等分に混ぜ、痛む処と足の裏に貼ると、痛みをとり水が溜まったのもとれること妙です。ヒガンバナを痛む処に貼って、足の裏に小麦粉と酢を混ぜ合わせて貼ると、なお卓功があるようです。

【出典】「薬草の自然療法」難病も自然療法と食養生で治そう 東城 百合子著

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

『カイテキオリゴ』

ピックアップ記事

  1. 放射線はごく低線量(微量)であれば、決して毒ではなく、却って生命力を高めてくれる。低放射線が体内で分…
  2. 発酵食品(味噌、醤油、納豆、酢など、昔から東洋の人間が食べてきた発酵食品)の積極的な摂取は、すぐさま…
  3. 最も重要なのは食事など生活習慣の改善。生野菜やフルーツの摂取を増やし、肉や乳製品に代表される動物性タ…
  4. 血液は10日以内、腸内環境が半月から2ヶ月位、全身の細胞が2~4ヶ月位でクリーニング出来る。自然治癒…
  5. 断食が進み糖新生の段階に入ると、体は脂肪を分化して出来たケトン体をエネルギーとするようになる。断食が…
  6. 腸こそが、病気退治、ガン治しの根本だが、実は、その大事なはずの腸の病気が激増中。慢性の腸疾患が急増し…
  7. 悪玉菌による腸内の腐敗は、間違った食事と強いストレス、生活習慣の乱れ、喫煙の習慣などから始まり、血液…
ページ上部へ戻る