暖かいところでは三月ごろ、普通は四、五月ごろ、林の斜面などに淡い可憐な花をつけるカタクリは、胃腸に優しい植物です。葉は柔らかい長楕円形で、緑色にうすい紫褐色の斑紋があり、葉も花も食用になります。

この鱗茎からは良質の澱粉がとれ、それをカタクリ粉というのはよくご存知でしょう。けれども、普通市販されているカタクリ粉は、ジャガイモかサツマイモの澱粉で、しかも漂白したものが多いのです。

■カタクリの薬効

1.下痢、嘔吐、胃腸カタル
昔から薬用として大切にされてきましたが、子供の下痢、嘔吐、大人の胃腸カタル、湿疹などには、カタクリ粉を水で溶き、火にかけて煮ると透き通ってくるので、これを食べさせると効きます。味付けは醤油少々か、ハチミツ少々に塩を入れて、うすい甘味をつけるとよいでしょう。

2.湿疹
カタクリ粉に水を加えて練り、熱は加えないで糊状にして塗ります。

3.冷え性、胃腸障害
体を温め、消化吸収を助けるので、本物のカタクリ粉は大変効果があります。

■カタクリの食用法

三~五月頃の若葉は柔らかいので、熱湯をかけて食べてもよく、味噌汁の実、ゴマ和え、酢味噌和え、クルミ和え、辛し和えなどあくがなくて素朴な味で美味しいものです。麟茎は、天ぷらや味噌煮にします。味噌煮は、油で炒めてから、ミリンと水どき味噌で味を整えます。

【出典】「薬草の自然療法」難病も自然療法と食養生で治そう 東城 百合子著

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

カイテキオリゴ

ピックアップ記事

  1. サケの肉100g中にタンパク質21g、脂肪8.4gが含まれており、タンパク質の吸収をよくするビタミン…
  2. コイはタンパク質や脂肪をはじめ、ビタミンA、B1、B2、カルシウム、鉄などのミネラルを豊富に含む。ま…
  3. カレイ100g中にタンパク質は19gと多く、脂質は2.2gと少なく、淡白な味で高タンパク・低カロリー…
  4. カツオは脂肪の含有量が少なく、タンパク質の含有量は獣肉以上、しかも脂肪酸は中性脂肪やコレステロールを…
  5. 加熱調理すると、その食品に含まれる酵素が喪失しビタミンやミネラルの自然のバランスが失われてしまうため…
  6. ウナギには、内臓、皮膚、眼、粘膜などを強化し、免疫力を旺盛にしてくれるビタミンAやレチノールは、イワ…
  7. 酵素(エンザイム)は、私たちが生きていく上で、非常に重要な役割を果たしているのです。酵素(エンザイム…
ページ上部へ戻る