小児に場合、大抵熱を出す前はお腹がかたくて、便秘がちになっています。子供はじっとしていないので動き廻っているものですが、それが大人しくしていて食も進まず、様子がおかしいと気付くのは母親の勘と愛情です。目ざとく気付いて早く手当をすれば、大事に至らずに済みます。

それには、自然の薬草や野草、野菜を使って出来る家庭療法を知っていることが大事で、これさえ知っていれば何があっても大丈夫です。熱を出したといってオロオロせず処置できるのも、実際生活で体験していればこそです。

私も病気で死にかけたとき、見事な自然の力の素晴らしさを教えられました。そして自然療法を身につけ、子供たちは医者の世話にもならず、化学薬品を飲むことも無く丈夫に育ちました。

お腹をこわしても、ドクダミ、ゲンショウコなどのお茶を飲み、梅肉エキスで元気になりました。風邪をひいても熱い梅干し番茶を飲み、足浴をして汗を出し、暖かくして寝ると次の日は元気になりました。

熱が出るときはお腹に溜っているので、まず下剤(ひまし油)をかけて出すか、浣腸して出すことです。そして梅肉エキスを飲ませると、まず大難を逃れます。

■カキドオシ

四、五月頃、淡い紫色をした、愛らしい唇形の花をつけるカキドオシも、私たちに馴染みの深い薬草です。茎が伸びて、垣根を通り抜けていくので「垣通し」と呼ばれるようになりました。

漢方では連銭草と名付けられていますが、葉が銭のように丸く、茎に連なっているからでしょう。また、古くから子供の疳の虫を治す民間薬として使われたので、カントリソウの名前もあります。

胆石や腎臓結石、膀胱結石、糖尿病、神経痛の治療に効果があり、特に血糖降下作用が強いことが認められています。また、風邪や咳止め、強壮剤としても大切な民間薬とされてきました。

全草を四月~五月の、花が咲いている時期に採取して乾燥させ、三センチ位に切って紙袋に入れて貯えておきます。湿気があると効力が落ちるので、密閉できる缶に保存します。

■カキドオシの薬効

1.胆石
葉茎5g、スギナ10gを煎じて、熱いうちに飲むとよく効きます。痛みは服用後まもなく治まり、連用していると結石もとれ、再発のおそれがありません。

2.腎臓病、糖尿病
葉茎15gを煎じて飲みます。長期連用していると、頑固なものでもよくなるといわれています。

3.子供の疳、風邪、出血
葉茎10gを煎じて飲みます。

4.膀胱炎、尿道炎、強壮、神経痛、風邪、気管支炎
葉茎を煎じて、毎日お茶代わりに飲みます。

5.湿疹、アセモ
葉茎で薬湯を立てて入浴します。

6.虚弱児
神経質で体が弱く、よく下痢をしたり、風邪をひいたりする子供に、10~20gを一日量として煎じて飲ませると効果があります。

■カキドオシの調理法

ニンジン、ゴボウと一緒に、かき揚の天ぷらにします。若葉を摘み取り、塩を入れた熱湯でさっと茹でて、ゴマ、カツオ節などを加え、醤油で和えてもよく、大人なら辛し和えにしてもよいものです。

普通は煎じてお茶代わりに飲みます。強壮、慢性の風邪、肺炎、泌尿器に病気にもよく効きます。

【出典】「薬草の自然療法」難病も自然療法と食養生で治そう 東城 百合子著

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

カイテキオリゴ

ピックアップ記事

  1. にがりの主成分である塩化マグネシウム(Mgcl2)が体内のタンパク質やカルシムとくっつき、腎臓結石、…
  2. 病気を治そうとする反応が「食欲不振」と「発熱」ならば、病気の根本原因は、その反対の「食べ過ぎ」と「冷…
  3. ピーマンには、βーカロチン、ビタミンC、B1、B2も多く含まれ、夏バテ予防には格好の野菜。毛細血管を…
  4. 1食抜く方法は、普通は「朝食を抜く」というやり方が一番やりやすいが、本人の生活環境があるのだから、「…
  5. パセリは飾りだから残すもの、と思い込んでいませんか?パセリは薬草の優れものです。現代は肉食が多くなり…
  6. 糖尿病の方が石原結實先生の少食健康法によって全快された体験談です。糖尿病の合併症には、網膜症、神経障…
  7. 白菜はビタミンCが22mg(100g中)と多く含み、冬場のビタミン補給に重宝な野菜。外傷の治癒促進や…
ページ上部へ戻る