クコは、昔から中国でも日本でも不老長寿の薬草として尊ばれてきましたが、決して珍しい植物ではなく、線路のわきや街の道端などでもよく見かけることが出来ます。九月になると、ナスの花に似た小さなうす紫の花を咲かせ、果実は赤くてグミに似ています。

クコは大変生命力が強く、夏には虫に喰われて枯れたようになっていても、秋になるとまたドンドン新しい芽を出して葉をつけます。適当な湿気さえあれば、挿し木をしてもすぐつき、放っておいてもよく育ちます。

昔の人は、生まれつきの腺病体質をクコを飲むことで改善し、延命長寿の薬効を伝えてきました。根は、秋から冬にかけて、葉は春から秋にかけて採集するとよいのです。

1. 強壮、強精

中国では独身の僧侶がクコを食べると精力がつき過ぎて修行の妨げになると戒めたほどで、自然の強精剤です。若葉を生食したり、クコの果実5g、カチ栗10g、ナツメの果実8gを煎じて飲むと効果があります。

2. 解熱、去痰、鎮咳、吐乳、糖尿病
根4~8gを煎じて飲みます。乳児の吐乳には、母親が煎汁を飲んで授乳するとよいでしょう。

3. 冷え性、不感症
葉を毎日連用します。生がよいが、湯がいてもよく、根皮を12g煎じて飲んでもよいでしょう。

4. 健胃、腎臓病、肝臓病
葉、茎の煎汁を毎日お茶代わりに飲みます。また、クコ茶に黒ゴマを一さじ入れて飲んでもよいでしょう。

5. 便秘
葉茎20gを煎じて飲むか、または生葉を毎日食べます。

6. 糖尿病、不眠症、低血圧
クコ酒を盃に一~二杯程度飲みます。但し、過飲はしないこと。

7. 陰萎
根皮を酒でひたして一昼夜おいてから、酒を搾りとって少量ずつ毎日飲みます。

8. 咳止め
根皮4g、桑の根皮4g、甘草2gを煎じて飲むと特効があります。クコの根皮に、蓮根の節、オオバコの全草を入れて煎じて飲んでもかまいません。

9. はやり目、目の痛み
生の果実の搾り汁で洗眼すると一番効果的ですが、干した実を煎じて、その液で洗眼しても効果があります。この液をうすめて点眼してもよいでしょう。

10. 抜け毛、髪のくせ直し
生葉の煎汁で髪を洗うか、煎汁を髪につけて、蒸しタオルで蒸してもよいし、髪の地肌にすり込んでもよいでしょう。

11. 口内炎
根皮の煎汁でうがいをします。

12. 高血圧、低血圧
クコ茶を飲用するとよいでしょう。これは気長にすること。

■クコの食用法

生の葉は四~六月頃がよく、根本から出る芽は夏もずっと利用できます。クセがなくて食べよいクコは、中国料理の材料にもよく使われ、豚肉や椎茸、竹の子などと炒めると、本格的なメニューになります。

1.クコ茶
葉を乾燥させ、弱火で手早くかき混ぜながら、香ばしくほうじるとよいのです。血管の老化を防ぐ作用もあって、高血圧や動脈硬化の人が常用するお茶として最適です。この場合、根も葉も使いましょう。

2. クコ酒
生の果実500gを砕いて酒1.8Lを入れ、三週間ほどして飲みます。

3. クコ飯
ほんのりとクコの香りがゆかしいクコ飯は、昔から日本の味覚でもありました。作り方は人それぞれですが、葉をさっと炒めて塩味をつけ、
炊き上がった玄米に混ぜるとよいでしょう。

4. その他
胡麻和えやおひたし、辛子醤油和え、ピーナッツ和えなど色々応用できます。クコの天ぷらもほのかな甘味があって美味しいものです。また、醤油と出し汁で、水がなくなるまで煮込み、佃煮にして毎日少しずつ食べるのもよく、味噌汁の実や煮物など、大抵の料理に工夫して使えます。

【出典】「薬草の自然療法」難病も自然療法と食養生で治そう 東城 百合子著

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

カイテキオリゴ

ピックアップ記事

  1. 「シュガーブルース」は、著者ダフティが自分自身の体験から、砂糖のとり過ぎ・中毒によって引き起こされる…
  2. 朝食を抜いて一日二食に慣れてきたら、次は一日一食にチャレンジしよう。但し、急いではダメ!頭では考ええ…
  3. 一日二食になったら、食事の質を変えていくことを始めよう。肉食を控えて、徐々に野菜中心の食事にしていく…
  4. いきなり朝食を抜くとイライラする場合は、まず、朝食を果物のみに置き換えることがお薦め。午前中は体のリ…
  5. 食事の回数を減らす場合、一番理想的なのは朝食を止めて一日二食にすること。午前4時から午前12時までは…
  6. 一日三食に加えて、おやつ・夜食を摂っていたら、消化しなければならない食物が常に胃袋に詰まった状態にな…
  7. 一日一食や断食などの少食を習慣化すると、若々しく健康に病気知らずとなるのは、カロリー制限によってサー…
ページ上部へ戻る