ガンや難病に卓効のある薬草・野草 スギナによるお手当法

1. スギナの湿布

スギナは、濃く煎じた汁で湿布してもよく、生をすり潰してドロドロにし、直接患部に貼ってもいいのです。また、吹出物やかさぶたなどには煎じ汁で洗うだけでも効果があります。

さらに卓効のあるのは温湿布です。これは、両手に一握りほどの生のスギナを蒸し器で十分蒸し、木綿の袋に入れ、タオルに包んで熱さの調節をして患部に置くのです。(干したスギナは水をかけて三十分位置いて使う)

更に重い病状には、保温することが大切で、二~三時間から一晩使います。忘れてならないのは、湿布はいつも湿気を含み、暖かい状態にしておくということです。茹でコンニャクをタオルに包んで上に置くといいでしょう。

2. スギナエキスの作り方

スギナエキスは、ビワの葉エキスと同じように、アルコール又は三十五度以上の焼酎にヒタヒタに浸けて二週間以上、暖かい場所に置きます。毎日ビンを振って混ぜると、早くエキスが出来ます。

これをすべて外用に応用して使います。内臓の痛み、傷、捻挫、炎症等には湿布します。あぶら足などにも、スギナエキスを塗るとよいのです。ひどい水虫にもスギナの湿布がよく効きます。


【出典】http://bach-iruka.com/ より

3. スギナパスター

スギナをよく洗い、すり鉢などでよくすり、ドロドロになったものに小麦粉を少々足してつなぎにし、ガーゼに包んで湿布に使います。特に痛みのひどい痔などに効果があります。

4. スギナの腰湯

百グラムのスギナを一晩水に浸けて、次の日にそのまま沸騰させ、その液をお風呂の中に注ぎ、十分から二十分位、汗が出るほど
腰まで浸かります。または、たらいの中で腰湯して、冷めたらさし湯しながら入る方法も気持ちよく、卓効があります。

特に、腎盂炎や腎臓病、膀胱炎には、このスギナの腰湯は大変よく効きます。婦人科の弱い人や慢性病の人にも効果抜群で、これで助けられたという方が大勢おり、ビックリしている方が多いのです。

【出典】「薬草の自然療法」難病も自然療法と食養生で治そう 東城 百合子著

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

ピックアップ記事

  1. 糖化とは「変性タンパク質」のこと。タンパク質と糖質が結び付き、タンパク質が劣化すること。糖化物質や体…
  2. 「主食白米 + おかずの食材30品目をまんべんなく」はカロリーの摂り過ぎであり、繊維・酵素・ファイト…
  3. 頭も胃も腸も腎臓も肝臓も、すべて起床してから3時間後に活動を始めるから、朝をしっかり摂ると消化不良に…
  4. 朝食重視は昭和30年以降根付いたが、酵素の大きな無駄遣いとなり消化不良となる。食べるなら、消化がよく…
  5. 過食すると、腸管に腐敗菌が急増し、それは胃と腸で死なないで腸管から血中に入り込み、血漿中で栄養分を増…
  6. 生きていくのに必要最低限量以上の食物を体の中に入れた場合、これが老廃物、余剰物となり、病源菌がはびこ…
  7. 「食欲」という本能は人間を支配する誘惑であり落とし穴である。旨い物、食べ過ぎ、食事の質の悪さは、血液…
ページ上部へ戻る