マックを1日3食、1ヶ月間食べ続けるとどうなる?

今や日本中いたるところにハンバーガーショップがあります。私の住んでいる町の郊外の大きなショッピングセンターにも、MXXXXのショップが入口の一等地に陣とっています。特に休祭日は、若い子供連れの夫婦で賑わっています。

今や国民食と化したハンバーガー…でも味の虜になるのは、非常に考えものです。全国規模のハンバーガーチェーンで販売されているハンバーガーには何と70種類以上の食品添加物が使われていると言われます。使っている肉も上質のものではないようです。

そんなハンバーガーの虜になることの怖さを描いたドキュメンタリー映画があります。

■ドキュメント映画「スーパーサイズミー」

アメリカで「肥満になり、病気になったのはハンバーガーのせい」と訴訟を起こした2人の女性がいたのを知っていますか?

マクドナルドのスポークスマンは「彼女たちが病気になったのはわれわれの商品とは全く関係ない。われわれの商品はヘルシーでとても栄養が高い」とコメント。

それを聞いた映画監督、モーガン・スパーロック監督は「ヘルシーで栄養価が高いのなら、1ヶ月食べ続けても何の問題もないはず、自分で証明してみよう」と、自ら人体実験を始めました。

★ルールは四つ

① マクドナルド店内に存在するものしか(水を含めて)オーダーしてはならない。
② 「スーパーサイズ」を勧められたときは断らない。
③ すべてのメニューを必ず一度は食べる。
④ 朝、昼、夜の3食すべてを残さず食べなければならない。

3人の医師、管理栄養士、スポーツトレーナーの監視の下、事前の健康チェックでは全員が太鼓判を押す健康体に対して世紀の実験がスタートしました。


●初期は

・1日1kgずつ太り
・3日後には胃の調子が悪くなり
・勃起不全、中毒症状から始まって高脂血症、高血糖、
・高血圧、脂肪肝、高尿酸

など医師も信じられないと驚く勢いで次々と生活習慣病を患い、3週間後には死ぬからやめろと警告されても続けました。

●それでも、予定通り1ヶ月続けると、

・体調だけでなく、精神的にも不安定に…。
・最終日、疲労感があり、気分はさえず、情緒不安定に…。

—————————————–

日本が世界に誇るカップめんでは、カップめんだけ食べていてビタミン欠乏で亡くなった若い女性の記事が日経新聞02年10月15日夕刊に出ていました。

私は、いつも疑問に思います。

マックの幹部社員や製造現場の社員さん、日清の幹部社員や製造現場の社員さんは、果たしてマックやカップヌードルを好んで食べるのでしょうか?

マックの原材料は米国から輸送されると聞きますが、輸送期間中の新鮮度を保つために食品添加物が使用されているはず。

お肉は一体どういう肉が使われているのでしょうか?実際に多く使われているのは、経産牛(老廃牛)といって、乳牛の成れの果ての牛で、大半はドッグフードに使われるようなものばかりの肉牛としては最悪のものばかりではないでしょうか?そうでないと、採算をとれるはずがありません。

マックや日清などメーカーはマスコミの大スポンサーです。こういうニュースがあまり表に出ることはありません。

人の体は命あるものを頂くから元気になるように出来ているのです。近年、犯罪が低年齢化し、凶悪化する方向にあります。これには食品添加物、砂糖、肉などの摂り過ぎが深く関っていると言われてます。ファーストフードで命を削らないようにしましょう。

スポンサード・リンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

『カイテキオリゴ』

ピックアップ記事

  1. 食物繊維にガン予防効果があるのは、食物繊維そのものが大便という毒の吸着素であって、大便を多く出したり…
  2. 食物繊維には、便の構成要素となり便量を増大し便秘を防ぐ 発ガン物質や有害菌、有害物質を吸着し体外に排…
  3. 食物繊維とは「小腸までの過程で消化されずに大腸に達する食品成分」で、「セルロース」「ヘミセルロース」…
  4. 納豆による血圧低下作用は最強であり、含まれるビタミンK2は骨の強化・骨粗鬆症を予防する。納豆菌は胃潰…
  5. 納豆のナットキナーゼとビタミンK2による血栓溶解力は最強であり、ジピコリン酸やイソフラボンも相まって…
  6. 納豆の魅力は、まず「納豆菌」と「ナットキナーゼ(酵素)」、そして納豆菌がつくる「作用物質」であり、納…
  7. 私たちはともすると、過去の失敗を悔やみ、自分の未来について不安・恐怖を抱きがちです。そんなストレスか…
ページ上部へ戻る