■体臭の元は?

体臭にも口臭や加齢臭、腋臭、頭の臭い、足の臭いなど様々です。私が特に気になるのは、向かい合って話すとき感じる口臭や歳を積み重ねる毎に発するようになる加齢臭です。

口臭は、
・誰もが持っている「生理的口臭」
・食後の食べカスや内臓から直接口の口臭となる「病気が原因の口臭」
・「食べ物による口臭」
の三つに別れます。

生理的口臭は、誰にでもある事なので、ある程度ケアができていれば、そこまで気になるものではありません。しかし病気が原因の口臭の場合は、しっかりした治療をしなければ、強い口臭に繋がっていきます。

■加齢臭の原因は?

加齢臭のモトになるのが「ノネナール」という物質です。

この「ノネナール」の臭いのもとは、身体が老化する事によって血管のなかに溜まるコレステロールなどの老化物質です。皮脂腺には「パルミトオレイン酸」という老化物質が溜まっていきます。これが酸化、分解することにより色々な皮脂酸ができ、その一種を「ノネナール」と呼んでいます。

調香師によって、発見され有名になった「加齢臭」ですが、その名の通り、若者の皮脂の中には、ほとんど存在しておらず、40歳代から多くなります。以下、「中美恵のキレイになる」マクロビ教室 中 美恵著 講談社 よりご紹介します。

■切り干し大根のお茶で臭いの素となる余分な脂肪分を尿で排泄

「お釈迦様が食べていた食べ物が記されている書物に、白檀の香りをかもし出させる食べ物というのが記されています」
と友人の僧侶に教えてもらったことがあります。バラのエキスを飲むとカラダからバラの香りがするといってバラの花のエキスを飲む人がいたりします。カラダから出てくる臭いが食べたもので変わってくるのは本当の話なのです。

基本的にはカラダの中でエネルギーが燃えたときに出る香りが体臭になるわけです。

ろうそくにもラベンダーの香りとかオレンジの香りとかするものがあります。あれはろうそくにラベンダーの香りをするものが入っていてそれを燃やすからラベンダーの香りになる訳です。

人間のカラダも同じです。にんにくを沢山食べればカラダからにんにくの香りがしてくるのです。

さらに臭いがきつくなるのは老廃物の排泄を尿ではなく、汗腺から出しているからなのです。

体臭で悩むあなた、ヨーグルトをはじめとする乳製品や肉類を好んで食べていませんか?ヨーロッパで香水の文化が発達したのも乳製品や肉類を多く食べる環境にあったからかも知れません。

そんな体臭で悩んでいる人には、切り干し大根のお茶がお薦めです。カラダの中の余分な脂肪分を溶かして尿で排泄するお手伝いをしてくれます。


【出典】http://yoripan.blog114.fc2.com/ より

〇切り干し大根のお茶

●材料 1人分
・切り干し大根(天日干しがお薦め) 1/4カップ
・水 1カップ

●作り方
① 鍋に切り干し大根と水を入れて弱火でゆっくりと煮出します。
② 沸騰してから弱火で5分ほど煮出して切り干し大根を取り出します。
③ 煮汁をそのまま湯飲みやマグカップに入れて出来上がりです。

(出典) 中美恵のきれいになるマクロビ教室 講談社刊

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

ピックアップ記事

  1. ホウレン草の効能として特筆すべきは、胃腸を浄化・清掃し、それを再建・再生する強力な薬理作用を持ってい…
  2. 減塩商品が定着し、塩の摂り過ぎが高血圧の元凶であると、塩が悪者扱いされてから久しい。しかし、日本や海…
  3. 見直したい食の常識について、① 歯並びから観る人間に最も適した食物構成は?② 「旨い!」と感じるもの…
  4. にがりの主成分である塩化マグネシウム(Mgcl2)が体内のタンパク質やカルシムとくっつき、腎臓結石、…
  5. 病気を治そうとする反応が「食欲不振」と「発熱」ならば、病気の根本原因は、その反対の「食べ過ぎ」と「冷…
  6. ピーマンには、βーカロチン、ビタミンC、B1、B2も多く含まれ、夏バテ予防には格好の野菜。毛細血管を…
  7. 1食抜く方法は、普通は「朝食を抜く」というやり方が一番やりやすいが、本人の生活環境があるのだから、「…
ページ上部へ戻る