衝撃!! 医者が絶対口にしない本当は危険な食品トップ10

普段、口にしている食べ物の中に、タバコよりも体に悪いという食べ物をご存知ですか?これからご紹介する食べ物は、医師をはじめ栄養士など正しい知識を持っている人は、自分では絶対食べないそうです。これを知ったからには食べるのを控えた方が良いかも…

以下、ビデオの概要をまとめました。

1. キムチ

各国の料理で愛用されている唐辛子の辛み成分で鎮痛剤にも利用されされているカプサイシンが、ガン発生を促進するという研究結果が出た。

フランスの衛生省(日本の厚生労働省に当たる)が、「食べると人体に悪影響を与える食料」のリストに韓国の民族料理であるキムチを追加した、と発表した。中毒性が高く、脳細胞にダメージを与えるとされる「カプサイシン」が多量に含まれることが主な理由で、この発表と同時に韓国からのキムチの輸入が全面的に禁止された。

2. マーガリン

トランス脂肪酸がコレステロールのバランスを崩して、動脈硬化などの心臓疾患リスクを高めるほか、免疫力を低下させてアトピー性皮膚炎などのアレルギーの原因の一つとなる。

食べてはいけない!マーガリンとショートニング 水素硬化で出来たトランス脂肪酸は毒!

3. 無農薬ではない野菜や果物

農薬のかかった野菜や果物はどんなに洗っても発ガン性物質である農薬をすべて洗い落とすことは出来ない、と言われている。有機JAS規格の表示のある野菜や果物を努めて選らびましょう。

4. 加工肉やスモークした食品

ハムやソーセージを作るときに使う亜硝酸ナトリウムは体内に入ると”N-ニトロ化合物”に変わります。これは大腸ガンや胃ガンの原因になると言われています。また、スモーク製品にはタールが付着している場合があり、これはお馴染みのタバコの成分だから良くないそうです。

食品添加物事典 亜硝酸ナトリウム 青酸カリウムと同レベルの毒性が…

5. コンビニ弁当

各コンビニの弁当を1週間日の当たる所へ置いてみて下さい。1週間後ある1社の弁当だけカビがまったく生えません。カビが生えるということは添加物があまり使われていないということ。カビが生えないということは大量の添加物が使われているということ。

最近のコンビニ弁当の製造現場は衛生管理に関して最新の注意を払っており、添加物に関しても規制が厳しく国に認可された安全性の確かなものしか使っていないという声もあります。

現代社会には、賞味期限や保存管理に杜撰な消費者も多く、劣悪な状態であっても何か問題が起きた時、責任は売った店側に求められる。それを防ぐためにはある程度保存性を高めることが不可欠であり、菌の侵入や繁殖を防ぐために梱包技術を徹底してするだけではなく、防腐剤の使用もやむを得ないのだろう…

コンビニお握り・弁当与え…ブタ奇形・死産続出!
加工食品の重大な害にどれだけ気付いていますか?誤魔化しがきく加工食品…

6. 精製糖と人工甘味料

精製糖や高果糖コーンシロップは血糖値を上げるだけでなく、ガン細胞の最もお気に入りのもの。また、人工甘味料の中には、体の中に入ると毒素に変わる成分が含まれているものもあり、ガンや脳腫瘍の原因になると言われています。普段何気なく飲んでいるソーダやジュース類には、こういった糖分が含まれているものがありますから、ご注意下さい。

砂糖中毒にご用心、砂糖は現代の魔薬
人工甘味料アスパルテームは「過剰な刺激を脳に与える毒」

7. 缶詰トマト

米国科学アカデミーが2,013年に行った調査によると、缶詰の内側にコーティングされている薬品(ビスフェノールA)をネズミに投与した結果、神経系の障害や乳腺及び前立腺の異常などが見られたそうです。


【出典】http://spi-con.com/health-damage/ より

その中でも酸性の強いトマトの缶詰めは、ビスフェノールAが溶け出しやすいので特に注意を要するようです。特に妊娠中の方や小さいお子さんをお持ち方は注意が必要でしょう。トマトの水煮なら瓶詰の方が安全です。

8. ジャンクフード

ジャンクフードには大量の油、塩、人工フレーバー、保存料や合成着色料の他にも、タバコの成分である”アクリルアミド”が含まれているので、やはりガンを引き起こす可能性があります。しかも、使われているジャガイモやコーンが遺伝子組み換え作物である場合もあるので、十分な注意が必要です。

ファストフードは死に急ぎたい人のための食品なので、利用しないこと
ジャンクフード大好きの思わぬ惨禍

9. ポテトチップ

発ガン性が指摘されるアクリルアミドが、「焼く」「揚げる」などの高温で調理された場合、炭水化物(デンプン)を多く含む食品中(ジャガイモや穀類など)に高濃度で検出されたと発表しました。特にポテトチップスはアクリルアミドの検出率が高く、一般的なポテトチップス1袋にアクリルアミドが、WHOが飲料水の許容範囲としている濃度の500倍もの量が含まれ、また同国内のファーストフードで販売されているフライドポテトではその濃度が約100倍であったというのです。

10. アルコール飲料

アメリカでは、アルコール飲料がタバコに続きガンの原因のナンバー2だと考えられています。20万人の女性を対象に14年間調査した結果、1日1杯のアルコールを毎日飲んだ人と飲まなかった人では、飲んだ人の方が約30%も乳ガンの発生率が高かったそうです。

スポンサード・リンク


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

ピックアップ記事

  1. 自然に生きるとは、バラバラに切らないで、すべてをつなげて全体的を大きく見る生き方。だから、薬草、野草…
  2. カリンは気管支を丈夫にし、風邪や熱、咳、疲れには、梅よりも特効がある。…
  3. シソは日本の代表的なハーブであり、栄養価も高く、ビタミンA、C が豊富でカルシウム、鉄、リンなどのミ…
  4. フキノトウは三月頃採取した花の開かない蕾を煎じて飲むと、気管支炎、喘息、結核などに効力がある。ほろ苦…
  5. オオバコは咳の薬として有名で、咳止めに用いられてきた。胃潰瘍や十二指腸潰瘍、肝臓病にもよい他、婦人病…
  6. 風邪の治療から、肺・気管支炎、喘息、助膜炎、喉の痛みなどには、昔から薬効のある野草・薬草が知られ、よ…
  7. ビワ葉の煎じ汁をガーゼで濾すと目薬にもなり、点眼するとサッパリして炎症や疲れ眼を治す。白内障を治した…
ページ上部へ戻る