エェッ!本当?加熱調理食品の真実、加熱調理すると生命力はゼロに…(1)

加熱調理すると、その食品に含まれる酵素が喪失しビタミンやミネラルの自然のバランスが失われてしまうため、代謝の混乱やフリーラジカル(活性酸素)の増加、有害物質の発生など様々な弊害を招いて腸内環境は悪化、様々な病気で早死にすることになるのです。

私たちが慣れ親しんで疑いもしない加熱調理した食べ物の思いもしなかったデメリットについて、ナチュラル・ハイジーンの松田麻美子先生のご著書”子供たちは何を食べればいいのか”からまとめました。

【目次】
(1) 加熱食品には命がない
① 加熱調理が習慣だけど…
② 研究で明らか、生の餌の動物たちの方が耐久力やエネルギー出力は断トツ
③ 体の免疫は、加熱したものを異物の侵入と捉える
④ 食べ物は生の状態のとき初めて生命力の源となる

(2)「酵素の喪失」が寿命を縮める
① 生命力の源である酵素は加熱すると破壊される
② 加熱された食べ物を常食にすると膵臓は肥大、免疫力は低下する
③ 加熱したものを常食にしていると早死にする

(3) 加熱を知って病気が生まれた
① 一般的な食事をしている大人たちは宿便が凡そ4kg以上も…
② 加熱したものを習慣的にとってるとやがて細胞内便秘に
③ 加熱→食べ過ぎ→肥満へ
④ 熱い紅茶・コーヒー大好きだと食道ガンになりやすい
⑤ 人間の体は加熱調理したもの受け入れない
⑥ 生ものが多いほど健康レベルはアップする

(1) 加熱食品には命がない

① 加熱調理が習慣だけど…

今日、子供たちが食べているものの大半は加熱調理食品です。O-157の騒ぎ以来、集団感染を恐れる学校給食では、加熱したものがより多くなり、新鮮な生の果物や野菜は殆ど出されません。

ファーストフード、コンビニ食、カップラーメン他のインスタント食品はどれも加熱調理食品です。生もの(果物や野菜)はお腹を壊すし、アレルギーの元として、子供には極力加熱したものを食べさせる親もいます。


【出典】http://www.unicomhouse.com

しかし「加熱したものには命がない」ということを考えたことがあるでしょうか。子供の栄養摂取には殊のほか気を遣っているグルメのお母さんにしても、恐らく「自分のこしらえている料理が子供の健康の質を低下させている」ということには気が付いていないでしょう。

② 研究で明らか、生の餌の動物たちの方が耐久力やエネルギー出力は断トツ

生のニンジンは地面に植えると、やがて芽が出てきます。それはニンジンが生きている食べ物だからです。同じニンジンでも、加熱してしまったら、それは死んだ食べ物となり、土の中のどんな力もそれを成長させることは出来ません。


【出典】http://dnaimg.com

ロシアの科学者イスラエル・ブレックマンは生のエサを与えた動物の耐久力やエネルギー出力は、加熱調理したエサの場合よりも、突出して優れており、「一般に、エネルギーの消耗は加熱または加工した食べ物を長期間食べていた時の生じる」ことを、その研究から裏付けています。

③ 体の免疫は、加熱したものを異物の侵入と捉える

加熱調理をすると食べ物はどうなるか、更に、それが体内に入ったときに生じる悲劇的な出来事についいては、大抵の人が知りません。

加熱したものが体内にとり込まれると、すかさず、白血球の数が通常の3倍までに急上昇します。それは体内にもたらされた有害物質を早急に排除するために、免疫システムが活動を開始したサインです。体の免疫システムは、加熱したものを異物の侵入として捉えているのです。生ものを食べた時には、白血球の増殖は起こりません。

④ 食べ物は生の状態のとき初めて生命力の源となる

加熱された食べ物は、体にとって決して自然な食べ物ではありません。食べ物は生の状態のとき、全ての生き物にとって生命力の源とも言える太陽エネルギーを、体が利用できる形で豊富に蓄えているのです。

しかし加熱すると、食べ物の構造が物理的・化学的に変えられてしまうため、この太陽エネルギーを利用することが出来なくなってしまいます。


【出典】http://golsite.com

水溶性ビタミンの95%、脂溶性ビタミンの40%は失われ、オーガニック・ミネラルは(生命力のある有機ミネラル)は、体が利用することが出来ないインオーガニックの形に変わってしまいます。

その結果、その食品に含まれるビタミンやミネラルの自然のバランスが失われてしまうため、代謝の混乱、フリーラジカル(活性酸素)の増加、有害物質の発生など好ましくない状況を招くことになります。

【出典】子供たちは何を食べればいいのか 松田麻美子著 より (つづく)

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

『カイテキオリゴ』

ピックアップ記事

  1. 日本人は1日10g、年間にすると一人当たり3,650g(約4㎏)もの食品添加物の体内にとり込んでいる…
  2. マーガリン、ショートニング、ファットスプレッド等に含まれるトランス脂肪酸は殆んどプラスティックと同様…
  3. 桜沢式食養法の特徴は「玄米加熱菜食」と「動物性食物排除」。当時はまだ酵素のことがよく知られておらず、…
  4. コーヒー浣腸など腸洗浄を薦めないのは、酵素阻害剤以上に大量の酵素を失い、その為寿命が縮む。全身のビタ…
  5. タバコの病気へのリスクというのは、直接煙を吸引する肺が機能低下したり、血流を阻害するだけでなく、一番…
  6. アブシジン酸などの酵素阻害物質は膵臓を過度に働かせ、その結果膵臓は疲弊し、やがてガン化していく。膵臓…
  7. 酵素の働きを阻害する物質を食べると、病気になったり早死する。酵素の働きが著しく低下するから。酵素阻害…
ページ上部へ戻る