私の母は40代の頃から関節炎と神経痛で肩や首、腕、足の痛みを訴え始め、60代に入ってからは痛みの為に整形外科や整骨院、鍼灸院に通ったり、ローヤル・ゼリーや漢方薬など良いと勧められれば、ありとあらゆるものを試していましたが、一向に治りません。どの医師からも「慢性のものでどうしようもありません。痛みを受け入れて暮らすしかないでしょう」と言われ、すっかり諦めていました。

茶道教師として、着物を着たくても腕が痛くて手が後ろに回らず帯が結べないため、これはまずいということで、私の勧めた「セルフケア・プログラム」を始めました。そのとき母は70歳でした。そして、半年後には痛みがすべて消えてしまっていたのです。しかも、16kgも痩せるというボーナスも付いてました。

riumachi041
【出典】http://www.sugiyamahp.com

それまで、電話帳ほどもある分厚いお腹の出っ張りは、30年間どんなダイエット法を試しても決してなくならず、すっかり諦めていたのに、半年で見事になくなってしまったのです。

高めで要注意と言われていたコレステロール値や血糖値も改善され、クィーンさいずんを着ていた人が、9サイズの洋服を着てオシャレを楽しむようになりました。

体操教室にも通い始め30代、40代の若い人に交じって体を動かし、10年間健康でエネルギーに満ち溢れた老後をエンジョイしていたのですが、80歳の誕生日の早朝、眠っている間に亡くなりました。原因は脱水症でした。高齢者は喉の渇きに鈍感になるので、小まめに水分を補給するように十分気を付けて下さい。

【出典】「50代からの超健康革命」松田麻美子著

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

ピックアップ記事

  1. ホウレン草の効能として特筆すべきは、胃腸を浄化・清掃し、それを再建・再生する強力な薬理作用を持ってい…
  2. 減塩商品が定着し、塩の摂り過ぎが高血圧の元凶であると、塩が悪者扱いされてから久しい。しかし、日本や海…
  3. 見直したい食の常識について、① 歯並びから観る人間に最も適した食物構成は?② 「旨い!」と感じるもの…
  4. にがりの主成分である塩化マグネシウム(Mgcl2)が体内のタンパク質やカルシムとくっつき、腎臓結石、…
  5. 病気を治そうとする反応が「食欲不振」と「発熱」ならば、病気の根本原因は、その反対の「食べ過ぎ」と「冷…
  6. ピーマンには、βーカロチン、ビタミンC、B1、B2も多く含まれ、夏バテ予防には格好の野菜。毛細血管を…
  7. 1食抜く方法は、普通は「朝食を抜く」というやり方が一番やりやすいが、本人の生活環境があるのだから、「…
ページ上部へ戻る