私の母は40代の頃から関節炎と神経痛で肩や首、腕、足の痛みを訴え始め、60代に入ってからは痛みの為に整形外科や整骨院、鍼灸院に通ったり、ローヤル・ゼリーや漢方薬など良いと勧められれば、ありとあらゆるものを試していましたが、一向に治りません。どの医師からも「慢性のものでどうしようもありません。痛みを受け入れて暮らすしかないでしょう」と言われ、すっかり諦めていました。

茶道教師として、着物を着たくても腕が痛くて手が後ろに回らず帯が結べないため、これはまずいということで、私の勧めた「セルフケア・プログラム」を始めました。そのとき母は70歳でした。そして、半年後には痛みがすべて消えてしまっていたのです。しかも、16kgも痩せるというボーナスも付いてました。

riumachi041
【出典】http://www.sugiyamahp.com

それまで、電話帳ほどもある分厚いお腹の出っ張りは、30年間どんなダイエット法を試しても決してなくならず、すっかり諦めていたのに、半年で見事になくなってしまったのです。

高めで要注意と言われていたコレステロール値や血糖値も改善され、クィーンさいずんを着ていた人が、9サイズの洋服を着てオシャレを楽しむようになりました。

体操教室にも通い始め30代、40代の若い人に交じって体を動かし、10年間健康でエネルギーに満ち溢れた老後をエンジョイしていたのですが、80歳の誕生日の早朝、眠っている間に亡くなりました。原因は脱水症でした。高齢者は喉の渇きに鈍感になるので、小まめに水分を補給するように十分気を付けて下さい。

【出典】「50代からの超健康革命」松田麻美子著

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

ピックアップ記事

  1. 日本人は1日10g、年間にすると一人当たり3,650g(約4㎏)もの食品添加物の体内にとり込んでいる…
  2. マーガリン、ショートニング、ファットスプレッド等に含まれるトランス脂肪酸は殆んどプラスティックと同様…
  3. 桜沢式食養法の特徴は「玄米加熱菜食」と「動物性食物排除」。当時はまだ酵素のことがよく知られておらず、…
  4. コーヒー浣腸など腸洗浄を薦めないのは、酵素阻害剤以上に大量の酵素を失い、その為寿命が縮む。全身のビタ…
  5. タバコの病気へのリスクというのは、直接煙を吸引する肺が機能低下したり、血流を阻害するだけでなく、一番…
  6. アブシジン酸などの酵素阻害物質は膵臓を過度に働かせ、その結果膵臓は疲弊し、やがてガン化していく。膵臓…
  7. 酵素の働きを阻害する物質を食べると、病気になったり早死する。酵素の働きが著しく低下するから。酵素阻害…
ページ上部へ戻る