私の母は40代の頃から関節炎と神経痛で肩や首、腕、足の痛みを訴え始め、60代に入ってからは痛みの為に整形外科や整骨院、鍼灸院に通ったり、ローヤル・ゼリーや漢方薬など良いと勧められれば、ありとあらゆるものを試していましたが、一向に治りません。どの医師からも「慢性のものでどうしようもありません。痛みを受け入れて暮らすしかないでしょう」と言われ、すっかり諦めていました。

茶道教師として、着物を着たくても腕が痛くて手が後ろに回らず帯が結べないため、これはまずいということで、私の勧めた「セルフケア・プログラム」を始めました。そのとき母は70歳でした。そして、半年後には痛みがすべて消えてしまっていたのです。しかも、16kgも痩せるというボーナスも付いてました。

riumachi041
【出典】http://www.sugiyamahp.com

それまで、電話帳ほどもある分厚いお腹の出っ張りは、30年間どんなダイエット法を試しても決してなくならず、すっかり諦めていたのに、半年で見事になくなってしまったのです。

高めで要注意と言われていたコレステロール値や血糖値も改善され、クィーンさいずんを着ていた人が、9サイズの洋服を着てオシャレを楽しむようになりました。

体操教室にも通い始め30代、40代の若い人に交じって体を動かし、10年間健康でエネルギーに満ち溢れた老後をエンジョイしていたのですが、80歳の誕生日の早朝、眠っている間に亡くなりました。原因は脱水症でした。高齢者は喉の渇きに鈍感になるので、小まめに水分を補給するように十分気を付けて下さい。

【出典】「50代からの超健康革命」松田麻美子著

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

ピックアップ記事

  1. 自然に生きるとは、バラバラに切らないで、すべてをつなげて全体的を大きく見る生き方。だから、薬草、野草…
  2. カリンは気管支を丈夫にし、風邪や熱、咳、疲れには、梅よりも特効がある。…
  3. シソは日本の代表的なハーブであり、栄養価も高く、ビタミンA、C が豊富でカルシウム、鉄、リンなどのミ…
  4. フキノトウは三月頃採取した花の開かない蕾を煎じて飲むと、気管支炎、喘息、結核などに効力がある。ほろ苦…
  5. オオバコは咳の薬として有名で、咳止めに用いられてきた。胃潰瘍や十二指腸潰瘍、肝臓病にもよい他、婦人病…
  6. 風邪の治療から、肺・気管支炎、喘息、助膜炎、喉の痛みなどには、昔から薬効のある野草・薬草が知られ、よ…
  7. ビワ葉の煎じ汁をガーゼで濾すと目薬にもなり、点眼するとサッパリして炎症や疲れ眼を治す。白内障を治した…
ページ上部へ戻る