57歳でC型肝炎を克服し、入院を回避したレストラン経営者

神奈川県でレストランを経営しているAさん(男性)は、7年前(当時57歳)、人間ドックでC型肝炎が発見され、そのままにしておくと確実に肝硬変から肝臓ガンに進行する恐れがあるので、病院のベッドが空き次第入院して治療開始を待つばかりの状態でした。

そうしたときに、私のセミナーに参加され、その翌日からナチュラル・ハイジーンの「セルフケア・プログラム」を開始し、やがてすっかり肝機能が改善され、一月後に入院は取り止めになりました。Aさんはこれまでのライフスタイルに革命を起こし、肝機能を改善したばかりか、3ヶ月後には、80kgあった体重が70kgの理想体重になりました。

一般に、痩せると体力がなくなると心配します。Aさんも初めはそうでしたが、やがて体がとても軽くなって、疲れが残らなくなりました。奥様も中性脂肪値が190mg/dlあり、要注意と警告されていましたが、一緒にライフスタイルを変えた結果、65mg/dlに下がり、5kg痩せました。

cgata_kannenn
【出典】http://www.nishieikai.or.jp

お二人とも以前とは比べものにならないほど素晴らしい体調を維持出来るようになり、お店に来るお客様たちがその変身ぶりにビックリし理由を尋ねるため、今ではナチュラル・ハイジーンに基づくメニューをお店で提供し、地域の皆さんに貢献しています。

肝臓が正しく機能しなくなると、毒物の代謝や栄養の吸収が正しく行われなくなり、体は壊れていきます。人間ドックで異常がある人のうち、肝機能の異常が最多であり、26.1%もあるといわれています。

「セルフケア・プログラム」は肝臓の健康を保つベストの方法であることは言うまでもありません。体に有害物質をとり込まないようにし、さらに体内の毒素を速やかに排泄させてあげることにちょって肝臓の負担を軽くすることが出来るからです。

肝臓の細胞は6週間で全てが入れ替わりますので、良い材料を与えてあげれば、あなたの肝臓は6週間後には完全に健康なものに生まれ変わります。

【出典】「50代からの超健康革命」松田麻美子著

スポンサード・リンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

ピックアップ記事

  1. 糖化とは「変性タンパク質」のこと。タンパク質と糖質が結び付き、タンパク質が劣化すること。糖化物質や体…
  2. 「主食白米 + おかずの食材30品目をまんべんなく」はカロリーの摂り過ぎであり、繊維・酵素・ファイト…
  3. 頭も胃も腸も腎臓も肝臓も、すべて起床してから3時間後に活動を始めるから、朝をしっかり摂ると消化不良に…
  4. 朝食重視は昭和30年以降根付いたが、酵素の大きな無駄遣いとなり消化不良となる。食べるなら、消化がよく…
  5. 過食すると、腸管に腐敗菌が急増し、それは胃と腸で死なないで腸管から血中に入り込み、血漿中で栄養分を増…
  6. 生きていくのに必要最低限量以上の食物を体の中に入れた場合、これが老廃物、余剰物となり、病源菌がはびこ…
  7. 「食欲」という本能は人間を支配する誘惑であり落とし穴である。旨い物、食べ過ぎ、食事の質の悪さは、血液…
ページ上部へ戻る